「Windows」のキオスクモードを「PowerShell」で設定する方法Windowsキオスクモードの使い方【中編】

「Windows 10」や「Windows 11」でキオスクモードを設定する際、コマンド実行ツール「PowerShell」を使用することが可能だ。具体的な方法を紹介しよう。

2023年12月17日 10時00分 公開
[Will Kelly, Reda ChouffaniTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」や「Windows 11」には、PCを特定用途で使用するための「キオスクモード」(Kioskモード)が用意されている。キオスクモードは4つの方法のいずれかで設定できる。2つ目の方法として紹介するのは、「Windows」が標準搭載するコマンド実行ツール「PowerShell」を使う方法だ。

PowerShellでキオスクモードを設定する

 PowerShellのコマンドレットを使うことで、Windows 11のキオスクモードをセットアップできる。コマンドレットとは、PowerShellで利用可能なコマンドを指す。キオスクモードの設定にPowerShellを使用する利点は、スクリプト(簡易的なプログラム)を使用することで作業を容易に反復可能にできることだ。

 Windows管理者は設定に当たり、まず管理者としてサインインした後、キオスクモード(割り当てられたアクセス)用のユーザーアカウントを作成する必要がある。キオスクモードのユーザーアカウントとしてサインインした後、キオスクモードのガイドラインを満たす「ユニバーサルアプリ」をインストールできる。ユニバーサルアプリとは、アプリケーション開発・実行環境「Universal Windows Platform」(UWP)で実行できるアプリケーションを指す。ユニバーサルアプリのインストールが完了したら、キオスクモードのユーザーアカウントからサインアウトし、管理者として再度サインインする。

 PowerShellを使う方法は、複数種類のデバイスをセットアップする必要がある組織にとって特に有効な方法だと言える。設定に使用するコマンドレットの一例は図の通り。

画像 図 セットアップに使用するコマンドレット(著者が作成)《クリックで拡大》

 PowerShellを使用して割り当てられたアクセスを削除するには、コマンドレット「Clear-AssignedAccess」を実行する。


 次回は、キオスクモードを設定するための残り2つの方法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...