iPhoneの「テザリング」が使えないときの“よくある原因”とは?iPhoneのテザリングが使えないときの対処法【中編】

テザリング機能は、自宅のメイン回線が使えないときのバックアップ手段になる。しかし、テザリングがうまく機能しないときもある。どのようなトラブルが起きているのか。

2023年12月17日 10時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 Appleのスマートフォン「iPhone」にはテザリング機能がある。テザリングは、モバイルデバイスのモバイル回線を使って、他のクライアントデバイスでのインターネット接続を可能にする仕組みだ。

 しかし、iPhoneのテザリング機能を利用した際に起こるさまざまな問題により、ユーザーがネットワークに接続できなくなる可能性がある。そうなると業務の継続が困難になるばかりか、会社のサポートデスクを利用することも難しい。

 テザリングに関する問題の原因を特定し、それを回避するために理解しておくべきポイントを解説する。iPhoneはOSのバージョンが「iOS 16.3.1」以降であることを前提とする。

テザリングがつながらない原因は? まず何を試すべき?

 iPhoneをテザリングしてネットワーク接続がうまくいかないとき、ユーザーがまずすべきことは、iPhoneがモバイル回線に接続しているかどうかの確認だ。やり方は、「設定」「モバイル通信」の順に進み、「モバイルデータ通信」がオンになっているかどうか確認する。「モバイルデータ通信」のオンとオフが切り替えられない場合は、ユーザーが通信事業者に連絡して、アカウントがアクティブになっているかどうか、アカウントに異常があるかどうかを確かめた方がいい。

ヒューマンエラー

 モバイルデバイスにヒューマンエラーは付きものだ。ユーザーがパスワードを忘れる、テザリング機能を間違ってオフにするなどは、その典型的な例だ。

IT管理者の設定ミス

 MDM(モバイルデバイス管理)によるサポートがあっても、設定の問題がテザリングに影響を及ぼす恐れがある。まずは、問題のあるiPhoneの「インターネット共有」の設定に間違いがないかことを確認しよう。場合によっては、会社が有している他のiPhoneにも間違った設定が適用されている可能性がある。

無線の問題

 テザリング時のよくある問題の一つが、通信速度の低下や接続の中断など、ネットワーク接続が不安定になる問題だ。

 典型的な原因は、iPhoneとペアリングするクライアントデバイス間での無線通信規格「Bluetooth」による接続だ。Bluetoothは基本的に無線LAN(Wi-Fi)よりも速度が遅い。加えて、他のクライアントデバイスがiPhoneとBluetoothでつながっている場合は、同じ周波数帯で通信するWi-FiやBluetoothで無線同士の干渉が起こりやすくなり、接続に悪影響を与える可能性がある。iPhoneのバッテリーの減りが早くなる原因にもなる。


 後編はテザリング関係の設定を確認してもトラブルが解決しない場合を中心に対処法を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...