いまさら聞けない「iPhoneのテザリング」を使う“お得な方法”とは?iPhoneのテザリングが使えないときの対処法【前編】

モバイル回線を契約しているiPhoneがあれば、自宅や会社のネットワークが使えない時にテザリング機能で業務を継続できる。テザリング機能はどういうものなのか。操作方法も解説する。

2023年12月09日 10時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 働く場所が自宅や会社であるかを問わず、Appleのスマートフォン「iPhone」ユーザーならば「インターネット共有」(テザリング)機能は覚えておいて損はない。テザリングは、モバイル端末が無線LAN アクセスポイントになる機能だ。

 テザリングをオンにしたiPhoneを介することで、他のクライアントデバイスもインターネットに接続できる。自宅のインターネットに不具合が生じたときのバックアップ手段として頼りになる。テザリングの使い方や、初歩的な注意点を解説する。

「iPhoneのテザリング」を使う“お得な方法”とは?

 iPhoneでテザリング機能を利用するには、「設定」「モバイル通信」「インターネット共有」の順に選択するか、「設定」「インターネット共有」の順に選択し、「ほかの人の接続を許可」をオンにする。

 その後、ノートPCやタブレットで、利用可能な無線LAN(Wi-Fi)のリストからiPhoneのホットスポットを選択し、必要に応じてパスワードを入力すれば接続できる。そこから先はiPhoneの携帯電話回線を利用して、インターネットにアクセス可能だ。

 会社所有のiPhoneの場合は、会社がこの機能を有効にしているかどうかを確認する必要がある。個人所有のiPhoneの場合は、加入している通信事業者のプランを確認しよう。米国の場合、通信事業者のテザリングに関するポリシーには、次のようなものがある。

  • Verizon Communicationsのプランには、テザリング時の通信に追加料金が発生するプランがある
  • AT&TとT-Mobileは両社とも、ほとんどのプランでテザリングを利用できるが、一定のデータ通信量を超えると、通信速度に制限が掛かることがある。

 データ通信量に制約がないプランを利用している場合、iPhoneのテザリングを使うことで他のクライアントデバイスのデータ通信料金を支払わないで済むため、お金の節約になる。

 ただし、節約できるのは個人ユーザーに限られるだろう。会社所有のiPhoneの場合は通常、テザリングで利用したデータ通信量は、会社が契約したデータ利用可能容量から使った分だけ引かれる。

 企業が従業員にモバイルホットスポットを許可する場合には注意点がある。ほとんどのプランでデータ通信量には上限があり、突然の事態で社員がiPhoneのホットスポットでインターネットに接続しなければならなくなった場合、そのiPhoneに割り当てたデータ通信量を突破してしまいがちだ。

 MDM(モバイルデバイス管理)の機能を利用して防ぐことはできるが、前もって準備しておく必要がある。「BYOD」(私物端末の業務利用)であれば、社員はデータプランの上限を超えてしまう可能性はより高くなるだろう。そうなると、追加料金が発生し、企業全体でモバイルのデータ通信速度が低下する事態を招く。

 IT管理者は会社のBYODポリシーを調整して、特にモバイルデバイスの利用料金を社員に支給している場合は、モバイルデバイスの「ホットスポットとしての使用」に関する会社の規定も整理するべきだ。

 iPhoneをホットスポットして使用すると、バッテリーの減りは確実に早くなる。複数のデバイスがiPhoneに接続するほど、減りやすくなる。複数のデバイスが接続するほどネットワークの速度も低下する。

 これらの理由から、iPhoneのテザリングは他の通信回線を利用できない緊急時の使用に適している。


 中編はテザリングに関する問題が生じた時の基本的な解決策を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。