2022年04月13日 08時15分 公開
特集/連載

PowerShell「while」「do while」の根本的な違いとスクリプト例「PowerShell」のループ処理に使える4つの構文【後編】

「PowerShell」のループ処理構文を覚えれば、反復実行するタスクの自動化に役立つ。主要な構文のうち「while」「do while」の概要と、これらの違いを整理しよう。

[Anthony Howell,TechTarget]

関連キーワード

プログラミング | Windows


 本連載は、「Windows」のコマンド実行ツール「PowerShell」で利用できるループ処理の構文のうち、4種類の主要な構文を紹介する。後編は残る2種類を取り上げる。

3.while

 「while」は、条件式の評価が「true」(真)である間、スクリプト(簡易プログラム)内のあるブロック(まとまり)を実行する。例えばID・アクセス管理サービス「Azure Active Directory」で管理するユーザーアカウントに対して、メールサービス「Exchange Online」のメールボックスの利用権限を付与するスクリプトがあるとする。メールボックスの作成が終わるまで、実行を待機する必要がある場合、このスクリプトは次のように記述できる。

$upn = 'testuser@domain.com'
while (-not ($mbx = Get-EXOMailbox $upn -ErrorAction SilentlyContinue)) {
    Start-Sleep -Seconds 60
}
# 以降に$mbxで実行する処理を記述する

※注:システムによっては正常に実行できない場合があります。

 「$upn」で指定したアカウントのメールボックスが存在しなければ、「$mbx」はエラー値を示す。このとき条件式の結果を反転させる「-not」パラメータによって、条件式の評価はtrueとなり、ループは続行する。

 whileの注意点は、PowerShellがループ内のブロックを実行する前に、条件式を評価することだ。falseだと評価すると、ループ内のブロックを実行しない。

4.do while

 「do while」はwhileと似ているが、ループ内のコマンドを少なくとも1回は確実に実行する点で異なる。実行後にPowerShellはwhile内の条件式を評価し、doループを終了するかどうかを判断する。

 前出のwhileと同じ例は、次のように書き換えることができる。

$upn = 'testuser@domain.com'
do {
    Start-Sleep -Seconds 60
} while (-not ($mbx = Get-EXOMailbox $upn -ErrorAction SilentlyContinue))
# 以降に$mbxで実行する処理を記述する

※注:システムによっては正常に実行できない場合があります。

 このスクリプトは、whileで紹介したスクリプト例と同じ結果になる。つまりメールボックスの作成が終わってから、次の処理に移る。ただしメールボックスが存在するかどうかを初めて確認する前にも60秒間ストップする。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...