2019年07月21日 08時30分 公開
特集/連載

Windows 10で消しても残るプリンタを「PowerShell」で削除する方法Remove-PrinterとGet-Printerを利用

Windowsでプリンタの削除や追加を繰り返すと、不要なプリンタのアイコンが残ってしまうことがある。「PowerShell」を使うと、この問題に比較的容易に対処できる。

[Ed Tittel,TechTarget]

 筆者が使っているSamsung Electronicsの「ML-2850D」(Samsungのプリンタ事業はHPが買収)は優れたプリンタだが、ドライバがやや不安定だ。時々気まぐれに動かなくなる。そんなときは「Windows 10」の「コントロールパネル」画面を開き、表示方法を「カテゴリ」ではなく「大きいアイコン」または「小さいアイコン」を選択。「デバイスとプリンター」をクリックすると表示される画面から該当するプリンタのアイコンを探して、「デバイスの削除」を実行し、そのプリンタをいったん削除する。同じ画面にある「プリンターの追加」をクリックすると表示される画面で、「プリンターが一覧にない場合」をクリック。「その他のオプションでプリンターを検索」画面で、「TCP/IPアドレスまたはホスト名を使ってプリンターを追加する」のラジオボタンを選択し、IPアドレスを使ってプリンタを追加し直す。

 これで問題は解消するが、不要なプリンタのアイコンが残ってしまうことがある。その場合、私はWindowsのコマンド実行機能「PowerShell」を使って削除するようにしている。これならプリンタの削除と再追加をした後、比較的簡単にクリーンアップができる。例えば今日も、プリンタ関連コマンドレット(PowerShellのコマンド)である「Get-Printer」でプリンタの一覧を表形式で出力すると、以下の画面1のようになっていた。

画像 画面1 プリンタ一覧の3〜5個目はいずれも同じプリンタ(ML-2850D)を表している(画面は英語版)《クリックで拡大》

 このような場合は「Remove-Printer」というコマンドレットが役に立つ。これは「PrintManagement」というコマンドレット群に含まれている。今回はRemove-PrinterとGet-Printerに絞って説明しよう。

不要なプリンタをPowerShellで削除するには

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...