2022年05月02日 05時00分 公開
特集/連載

Nasdaqは「AWS」移行をどのように進めるのかNasdaqがAWSを採用する理由【前編】

株式市場のNasdaqがAWSと連携し、各市場のクラウドサービス移行を進めることを発表した。同社の狙いと、移行の中核要素となるAWSサービスを説明する。

[Madelaine Millar,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | CIO | 事例 | IaaS


 米国の新興企業向け株式市場を運営するNasdaqは、Amazon Web Service(AWS)が2021年12月に開催した年次イベント「AWS re:Invent 2021」で、AWSとの連携を発表した。米国のオプション取引所「Nasdaq MRX」を皮切りに、2022年から北米の各取引所の段階的なAWS移行を進める。

Nasdaqのクラウド移行を支えるAWSサービスは

 ピーターソン氏は「クラウドサービスであれば取引量に応じてインフラの拡大や縮小がしやすく、予想外の取引増にでもシステム停止の心配をしなくてよくなる」と話す。オンプレミスインフラと同等またはそれ以上のデータ処理速度やセキュリティが実現できることも、クラウドサービス移行を促す要因となった。

 Nasdaqはクラウドサービス移行に備え、Nasdaq MRXを含む各市場を「Fusion」というシステムに移し始めている。同社がFusionを設計したのは、クラウドサービスへの段階的移行を円滑にし、リスクを管理するためだ。

 クラウドサービス移行におけるNasdaqの次のステップは、ユーザー企業拠点でAWSサービスを運用可能にするサービス「AWS Outposts」を導入することだ。AWS Outpostsを利用することで、ニュージャージー州カーテレットにあるNasdaqのデータセンターに、AWSと同等のシステムを持ち込む。NasdaqとAWSは、エンドユーザーの近くでAWSサービスを運用可能にするサービス「AWS Local Zones」を用いた、Nasdaq専用の超低遅延プライベートクラウドの開発も進める。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.png

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」が機能拡充、無料版でもメール配信が可能に
リードナーチャリング活動をよりミニマムにスタート可能に。

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...