Webコンテンツを「CDN」がサクサク高速配信する仕組みCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第3回】

Webコンテンツの高速配信の役割を持つCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)は、エンドユーザーを重視する企業にとっての欠かせない存在だ。CDNは具体的にどのように機能して企業にメリットをもたらすのか。

2022年05月02日 05時00分 公開
[Kevin TollyTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | Webサイト


 「コンテンツデリバリーネットワーク」(CDN)は、企業のWebサーバとインターネットを中継するサーバとして機能する。例えばエンドユーザーが企業のWebページのURLを入力すると、配信元のWebサーバではなく、キャッシュ(一時保存)の役割を持つCDNのサーバが該当Webページのデータを転送する。ただしエンドユーザーは通常、CDNの存在を意識しない。

Webコンテンツを高速配信するCDNの仕組み

 CDNは、基本的にはCDNベンダーが用意するアクセスポイント(ネットワークの接続点)と、ISP(インターネットサービスプロバイダー)が運営するアクセスポイントを組み合わせて構成する。エンドユーザーへの応答時間を短縮するために、CDNは通常、インターネット回線ではなく専用のプライベート回線でサーバ同士を相互に接続する。

 エンドユーザーに対して静的コンテンツ(常に内容が変わらないコンテンツ)を配信する際、CDNはデータを保管しているサーバからコンテンツを取得して配信する。

 CDNは動画を配信する役割も持つ。動画配信にCDNを使えば、配信元のサーバとインターネット間のWANに負荷を掛けることなく大容量のコンテンツがエンドユーザーの端末に届く。CDNベンダーは概して、画質が異なる動画データをCDNのサーバに保存し、再生デバイスが選択する画質に配信データを一致させるようにしている。これによってネットワークの帯域幅(回線容量)をより効率的に使用できる。

 企業がCDNを使う最大の目的はコンテンツの高速配信であるため、CDNにとって重要なのはネットワーク遅延の低減だ。そのためにCDNサーバは、地理的にできる限りエンドユーザーの近くになくてはならない。企業がCDNを検討する際、まず確認する必要があるのは「どこにCDNのアクセスポイントがあるか」だ。ほとんどのCDNベンダーは各大陸にアクセスポイントがあると主張しているが、具体的な場所や数はベンダーによって違いがある。CDNを検討する際は、ベンダーがどの地域でコンテンツ配信をしているのか、具体的に確認する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...