「コンテンツデリバリーネットワーク」(CDN)が急成長している理由セキュリティなど周辺機能に脚光

優れたネットワークパフォーマンスと拡張性を追求する企業は、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)ベンダーに、これまでとは異なる支援を求め始めている。

2018年08月15日 05時00分 公開
[Jean DerGurahianTechTarget]
画像

 インターネットでのコンテンツ配信を最適化する「コンテンツデリバリーネットワーク」(CDN)市場が、幅広く進化している。企業がますます多くのビジネス基盤をクラウドに移す中、CDNに対するニーズが高まっているためだ。

 世界に散在するPoP(配信サーバの所在地:Point of Presence)にコンテンツをキャッシュするという、基本的なCDNを企業が頼りにするのは変わらない。CDNベンダーの間では、Webパフォーマンスを他の方法で強化する動きがある。セキュリティ対策や動的メディア配信などが、その例だ。

 こうした変化の中、新しい独創的なビジネスモデルを立ち上げるCDNベンダーもある。これらのビジネスモデルは、ターゲットの顧客層には魅力的だろう。

 CDNでは、世界中のPoPに配置された多数の分散サーバから、Webページや動画、Eコマースアプリケーション、ダウンロード対象のソフトウェアなどのコンテンツを配信する。エンドユーザーのなるべく近くに配置されたPoPからコンテンツを配信することで、遅延を最小限に抑え、トラフィックの負荷を和らげる。

 基本的なCDNの目的は、以前から変わらない。最近の動きは、クラウドサービスが頻繁に使われるようになり、モバイルデバイスの利用が広がったことで、コンテンツ配信の最適化を求めるアプリケーション開発者のニーズが高まっていることだ。

 こうした後押しを受けて「ネットワークのパフォーマンスと拡張性を強化するCDNに対する需要が伸びている」と、調査会社Gartnerのクラウドサービスベンダー部門でリサーチ担当バイスプレジデントを務めるテッド・チェンバレン氏は説明する。

 企業は自社のWebサイトをできるだけ活発化させる必要がある。そうした中で直面するさまざまな問題に目を向け、CDNベンダーに支援を求めているという。「ユーザー企業は『他に何かできることはあるか』と尋ねている」(チェンバレン氏)

 CDNベンダーはユーザー企業のニーズに応えるべく、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)や分散型サービス拒否(DDoS)攻撃からの保護、bot対策、動画ストリーミング、Eコマース最適化などの機能をクラウドサービスとして提供している。

急成長するCDN

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...