2014年04月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

国内提供への期待高まる徹底レビュー:iPad版「Microsoft Office」を本気で使う PC版Officeはもう不要か

iPad版のMicrosoft Officeがついに登場した。基本的にOffice 365ユーザー向けだが、注目すべき機能が多数ある。iPad版のWord、Excel、PowerPointの機能を紹介する。

[Vince Font,TechTarget]
ik_tt_ipad01.jpg

 米Microsoftが素晴らしい競争戦略を打ち出した。「Microsoft Office」製品(「Word」「Excel」「PowerPoint」)の完全なスイートを、競合企業である米Appleの現在最も勢いのあるプラットフォーム「iPad」で利用できるようにしたのだ。これは、これまでのブランド競争の歴史の中で非常に巧妙な戦術の1つだろう。

 この展開はある程度予想されていた。Microsoftは2013年に、大幅に機能を限定したiPhone用のOfficeをリリースしている。今回リリースした「Microsoft Office for iPad」(以下、Office for iPad、国内で未提供)は抜け目のない戦略である。ほぼ確実視されていることだが、Appleがタブレット市場で覇権を握った場合でも、Microsoftは広く普及しているOfficeスイートを通じて利益を得ることが約束されているも同然だ。Office for iPadがユーザーの期待するレベルに達していれば賢い戦術といえる。

 このリリースされたばかりのOffice for iPadを評価するため、米TechTargetでは実際にiPadにインストールして試してみた。

Microsoft Word for iPad

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...