2014年02月19日 08時00分 公開
特集/連載

「iWork」だけではない iPadを仕事モードに変える必携アプリ“iPad仕事人”がオススメ

豊富な機能があり、無数のアプリケーションが使えるiPadを個人の楽しみのためだけに使うのはもったいない。仕事で使えば業務が効率化し、何よりも楽しくなるだろう。仕事に必携のアプリケーションを紹介する。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Appleの「iPad」はコンシューマー向けデバイスとして大きな成功を収めている。だが仕事ツールとして使用することも可能だ。適切なアプリとMDM(モバイルデバイス管理)ツールを使用することで、IT部門は、会社または従業員が所有しているiPadをビジネス用に設定できる。

 会社所有のiPadについては、IT管理者がデバイスに物理的にアクセスしてより多くの制限を設定できるため、従業員個人のiPadよりも楽に構成できる。従業員個人のiPadをビジネス用に設定する場合、IT部門では、MDMツールを使用して、一般的な仕事のタスクに適切な推奨アプリを提示可能だ。

仕事とプライベートの両方で使えるようにiPadを設定する

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...