「iWork」だけではない iPadを仕事モードに変える必携アプリ“iPad仕事人”がオススメ

豊富な機能があり、無数のアプリケーションが使えるiPadを個人の楽しみのためだけに使うのはもったいない。仕事で使えば業務が効率化し、何よりも楽しくなるだろう。仕事に必携のアプリケーションを紹介する。

2014年02月19日 08時00分 公開
[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Appleの「iPad」はコンシューマー向けデバイスとして大きな成功を収めている。だが仕事ツールとして使用することも可能だ。適切なアプリとMDM(モバイルデバイス管理)ツールを使用することで、IT部門は、会社または従業員が所有しているiPadをビジネス用に設定できる。

 会社所有のiPadについては、IT管理者がデバイスに物理的にアクセスしてより多くの制限を設定できるため、従業員個人のiPadよりも楽に構成できる。従業員個人のiPadをビジネス用に設定する場合、IT部門では、MDMツールを使用して、一般的な仕事のタスクに適切な推奨アプリを提示可能だ。

仕事とプライベートの両方で使えるようにiPadを設定する

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。