2013年07月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iWork for iCloudも発表仕事で使う人こそ注目したい「iOS 7」の新機能

米Appleは主としてコンシューマーをターゲットにしており、エンタープライズ市場は重視されてこなかった。だが、iOS端末がモバイルの事実上の標準となった今日、企業向けの機能の必要性が高まっている。

[James Furbush,TechTarget]

 米Appleは「Worldwide Developers Conference(WWDC)2013」において企業向けの新機能を幾つか発表し、企業のIT部門のニーズに応える姿勢を示した。

 Appleのソリューションプロバイダーである米Tech Superpowersの創業者マイケル・オー氏は、「企業ユーザーをターゲットにした機能がそこかしこで紹介されていた。革新的な機能はなかったが、業務効率の改善に役立つ新機能が数多く見られた」と話す。

 まず、AppleのモバイルOSである「iOS」では外観デザインが刷新され、ほとんどのアプリケーションの古臭いイメージ(カレンダーアプリの合成皮革調の外観など)が一掃された。

 「古いデザインはビジネスユーザーをばかにしているような感じがする」とオー氏は指摘する。「それに比べると、『OS X Mavericks』と『iOS 7』のカレンダーは、ビジネスユーザーとコンシューマーの両方に好まれるデザインのように思える」

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...