2013年07月11日 08時00分 公開
特集/連載

仕事で使う人こそ注目したい「iOS 7」の新機能iWork for iCloudも発表

米Appleは主としてコンシューマーをターゲットにしており、エンタープライズ市場は重視されてこなかった。だが、iOS端末がモバイルの事実上の標準となった今日、企業向けの機能の必要性が高まっている。

[James Furbush,TechTarget]

 米Appleは「Worldwide Developers Conference(WWDC)2013」において企業向けの新機能を幾つか発表し、企業のIT部門のニーズに応える姿勢を示した。

 Appleのソリューションプロバイダーである米Tech Superpowersの創業者マイケル・オー氏は、「企業ユーザーをターゲットにした機能がそこかしこで紹介されていた。革新的な機能はなかったが、業務効率の改善に役立つ新機能が数多く見られた」と話す。

 まず、AppleのモバイルOSである「iOS」では外観デザインが刷新され、ほとんどのアプリケーションの古臭いイメージ(カレンダーアプリの合成皮革調の外観など)が一掃された。

 「古いデザインはビジネスユーザーをばかにしているような感じがする」とオー氏は指摘する。「それに比べると、『OS X Mavericks』と『iOS 7』のカレンダーは、ビジネスユーザーとコンシューマーの両方に好まれるデザインのように思える」

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...