過去記事一覧 (2019 年)

10 月

/tt/news/1910/16/news08.jpg
「5G」との兼ね合いは

「Wi-Fi 6」認証プログラム始動も、オフィスでの導入は限定的? その理由は

「Wi-Fi 6」準拠品の相互運用性を保証する認定プログラムがスタートし、この新規格が広く普及する準備が整った。ただ、企業ユーザーにとっては注意すべき点もある。

/tt/news/1910/16/news07.jpg
組み合わせて機能を補う

モバイル端末のデータ漏えいを防ぐ「UEM」と「MTD」を使った2つの方法とは?

統合エンドポイント管理(UEM)は基本的なモバイルセキュリティ機能を備えているが、高度な対策を施すにはモバイル脅威防御(MTD)ツールとの連携が必要だ。

/tt/news/1910/15/news03.jpg
「Mac」管理の新しいアプローチ【中編】

「Apple Business Manager」と「UEM」の連携がもたらすメリットは?

Appleのデバイス導入支援サービス「Apple Business Manager」と共に統合エンドポイント管理(UEM)製品を利用すると、WindowsデバイスとMacが混在するオフィスのデバイス管理が楽になる可能性がある。

/tt/news/1910/11/news01.jpg
事前コンパイルで高速起動

Facebookがモバイルアプリ用JavaScriptエンジン「Hermes」を公開

Facebookは、JIT(Just In Time)よりも高速にアプリが起動するAOT(Ahead Of Time)を採用したJavaScriptエンジンをオープンソースで公開した。

/tt/news/1910/10/news05.jpg
「Wi-Fi 6」の正体【前編】

「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説

「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。

/tt/news/1910/10/news01.jpg
自律型ドローンの現状と課題【後編】

クラウドとAIが実現する「つながるドローン」とは?

自律型ドローンに関する法規制や技術的制限などの課題は完全には解決されていないが、用途を選べば現実的なコストで運用できる可能性がある。特にクラウド接続可能な「つながるドローン」は大きな可能性を秘めている。

/tt/news/1910/08/news03.jpg
「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】

Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」

会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。

/tt/news/1910/07/news02.jpg
ローカル5Gの可能性【前編】

ローカル5Gによるプライベートネットワーク実現の課題

5Gの帯域を利用してプライベートネットワークを構築する「ローカル5G」が注目されている。ローカル5G実現の前に立ちはだかる課題とは何か。

/tt/news/1910/04/news03.jpg
自律型ドローンの現状と課題【前編】

「自律型ドローン」とは? 簡単には解決できない技術的限界を解説

米国では「自律型ドローン」の実用化に向けて活発な議論が進み、食事の配達や工業設備の点検などさまざまな用途に期待が集まっている。ただし、いまだ技術的な限界も少なくない。

/tt/news/1910/01/news03.jpg
「5G」を理解する13大用語【後編】

「5G」を知りたいなら理解すべき技術「ミリ波」「MIMO」「RAN」「OFDM」とは

「5G」の基礎には過去の移動体通信システムの進化がある。その技術進化を知り、5Gの特性を理解するために必要な用語を解説する。

9 月

/tt/news/1909/30/news14.jpg
OS更新やメッセージアプリに潜む脅威

iPhoneユーザーが知っておくべき「iOS」の危険な脆弱性と対策

「Android」と比べて安全だといわれてきた「iOS」も、脅威と無縁ではない。企業のセキュリティを脅かすiOSの脆弱性について、IT部門は何をすればよいだろうか。

/tt/news/1909/27/news11.jpg
「ローカル5G」を解剖する【後編】

「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?

「5G」を自営のネットワークとして運用するのが「ローカル5G」だ。これによって何が実現できるのかを知るには、ローカル5Gが利用する周波数帯の特性や、提供する事業者による違いを理解する必要がある。

/tt/news/1909/24/news05.jpg
脆弱なパスワードの使用を強制する

全Bluetoothデバイスに盗聴や改ざんのリスクをもたらす「KNOB攻撃」とは?

脆弱な暗号鍵をBluetoothデバイスに強制する方法が見つかった。攻撃者が「中間者攻撃」を仕掛け、デバイスから情報を盗み取る恐れがある。

/tt/news/1909/23/news01.jpg
「5G」を理解する13大用語【前編】

「5G」を根本から理解するためのキーワード「5G NR」「FWA」「LTE」とは

「5G」を理解するには、誇張された宣伝文句に惑わされるのではなく、5Gを実現する要素を網羅的に知ることが大事だ。5Gの理解に欠かせない基本的なキーワードを紹介する。

/tt/news/1909/18/news03.jpg
「ローカル5G」を解剖する【前編】

「ローカル5G」とは? Wi-Fi 6やLPWAとの違いを整理

新たな移動体通信システムの利用形態として注目を集める「ローカル5G」。無線LANやLPWA(省電力広域ネットワーク)と比較しつつ、どのような使い方ができるのかを考察する。

/tt/news/1909/19/news02.jpg
自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【後編】

「UEM」を本気で選ぶ4つのポイント ID管理や監視ツールとの連携を確認

「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、「Windows 10」への移行プロセスの効率化けでなく、移行後のユーザー環境の管理や保護も重要な役割だ。こうした観点からUEM製品を検討するポイントを紹介する。

/tt/news/1909/18/news07.jpg
「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【後編】

患者の個人情報をスマホアプリで安全に扱う仕組みとは 「EASE」の例で確認

モバイル医療アプリの「EASE」は、患者の個人情報をやり取りする仕組みを備えている。患者の手術中の様子や容体などの機密情報を安全に扱うために、モバイル医療アプリが取り得る手段とは。EASEを例に確認する。

/tt/news/1909/16/news01.jpg
「iMessage」でマルウェアを送り込む

「iOS」を勝手に操作できる複数の脆弱性をGoogleのセキュリティチームが発見

Googleのセキュリティチーム「Project Zero」が、「iOS」の6つの脆弱性に関する情報を公開した。その中には、ユーザーの操作なしで攻撃が実行される脆弱性のPoCコードが含まれる。

/tt/news/1909/14/news01.jpg
「tvOS」「watchOS」のバグ報告にも報奨金

iPhoneの脆弱性に1億円、macOSも報告対象に Appleがバグ報奨金を大幅変更

Appleはバグ報奨金プログラムの対象を「macOS」の脆弱(ぜいじゃく)性にも拡大し、同時に報奨金を引き上げる方針だ。脆弱性の種類によっては、報奨金の金額は100万ドルにもなる。

/tt/news/1909/12/news03.jpg
自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【前編】

Windows 8を管理するかどうかが鍵に? 「UEM」製品を見極める3つのポイント

2020年1月の「Windows 7」延長サポート終了に備える上で、「Windows 10」への移行を支援できる適切な「統合エンドポイント管理」(UEM)製品の導入は大きな助けとなる。製品選定のポイントを解説する。

/tt/news/1909/11/news06.jpg
「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【前編】

患者満足度9割超えも 医師と患者を近づける「モバイル医療アプリ」の実力

手術室から患者の家族に最新情報を送信できるなど、「モバイル医療アプリ」は医療機関にも患者にもメリットをもたらす。ただしセキュリティの懸念は残る。

/tt/news/1909/11/news05.jpg
2019年末に「Device Enrollment Program」(DEP)終了

「Apple Business Manager」を使うべきか? メリットとデメリットは

Apple製モバイルデバイスを利用する企業のIT担当者は、「Apple Business Manager」のメリットとデメリットを把握し、既存のMDM/EMMツールと連携するかどうか確認すべきだ。

/tt/news/1909/06/news21.jpg
提供開始が迫っても残る課題

「5G」を導入してからでは遅い、今確認すべき5つの懸念

現時点では、「5G」にはまだ課題が残っていることは確実だ。5Gに準拠したデバイスが多くないことや、提供エリアが狭いことは、その一例にすぎない。

/tt/news/1909/04/news03.jpg
「5G」通信に潜む脅威【後編】

5Gの普及で「大規模DDoS攻撃」の危険性が高まる理由とは?

「5G」(第5世代移動体通信システム)通信が拡大すると、大規模な「DDoS攻撃」の被害が懸念されると専門家は語る。それはなぜなのか。

8 月

/tt/news/1908/30/news06.jpg
「5G」通信に潜む脅威【前編】

「5G」導入前に知っておきたい、通信事業者が恐れるセキュリティリスクとは?

新たな通信規格として注目を集める「5G」。導入を検討する企業は、5Gに対する通信事業者の懸念事項を把握しておく必要がある。調査レポートを基に5G通信のセキュリティリスクを解説する。

/tt/news/1908/09/news03.jpg
安全・便利に業務データやツールを利用

清水建設は全社スマホ導入で直面した端末管理の限界をどう乗り越えたのか

全社的に「Android」スマートフォンの導入を進めている清水建設は、それまで利用していたモバイルセキュリティ製品から「moconavi」へ切り替えた。どこに課題を感じ、何を重視して切り替え先を選んだのか。

/tt/news/1908/26/news06.jpg
仕事用アプリケーションの管理とプライバシーを両立させる

「Android Q」「iOS 13」に新しく追加されたBYOD向け管理機能とは?

BYODを実施するには、IT部門はエンドユーザーのプライバシーとエンドポイントセキュリティを慎重に考慮する必要がある。「Android Q」「iOS 13」で進化したIT部門向けの管理機能について、詳しく説明する。

/tt/news/1908/24/news01.jpg
「iPadOS」ビジネス向け機能にも注目集まる

「iOS 13」のデバイス管理機能はどこが変わった? 私物iPhone対策や認証に期待

Appleのモバイルデバイスを利用している組織は、「iOS 13」で利用できるデバイス管理機能を確認しておこう。本稿はBYOD支援の「User Enrollment」やビジネス向けの「管理されたApple ID」などの主要機能を解説する。

/tt/news/1908/22/news03.jpg
「Wi-Fi 6」の本領【後編】

「Wi-Fi 6」の本当のすごさは“速さ”ではなかった? その真価とは

製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、そのスループットに大きな注目が集まっている。しかしこの新規格の魅力は、それだけではない。

/tt/news/1908/21/news02.jpg
新技術の課題

5Gの弱点、電波の届きにくさは「スモールセル」(小型基地局)で解消する?

「5G」は高い周波数帯を利用することで通信の大容量化を実現できるが、5Gの電波はビル内に届きにくい場合がある。オフィスに5Gの「スモールセル」を設置することで問題を回避できる可能性がある。

/tt/news/1908/16/news01.jpg
電波漏れの不安は解消

Wi-Fiよりも安全で安定? 光無線技術「Li-Fi」

光を利用する無線技術「Li-Fi」の実用化が進んでいる。Gartnerが指摘するようにまだ制限もあるが、Wi-Fiにはないメリットもある。用途によっては有力な選択肢になるかもしれない。

/tt/news/1908/14/news03.jpg
「Wi-Fi 6」の本領【前編】

「Wi-Fi 6」無線LANルーターの速度が宣伝通りにならない“納得の理由”

無線LANのデータ伝送速度は仕様通りには実現しないことがほとんどだ。これは製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる新規格の「IEEE 802.11ax」にも当てはまる。その原因は何だろうか。

/tt/news/1908/13/news01.jpg
iOSおよびAndroidアプリを調査

モバイルアプリの大半は脆弱性まみれ、それでもデータを守る方法は?

iOSおよびAndroidアプリを調査した結果、いまだに「驚くほど多くのアプリケーションの安全性が非常に低い」ことが分かった。安全なアプリがないに等しい状況でデータを守るにはどうすればいいのか。

/tt/news/1908/09/news02.jpg
5Gと健康被害【最終回】

5G導入に反対する市民運動「われわれはモルモットではない」

人体への深刻な悪影響はないという調査結果に基づき、各国各地で5Gの導入や実証実験が進められている。一方でこれに反対する市民運動により導入を中止した自治体もある。進歩と停滞、どちらを選ぶべきか。

/tt/news/1908/06/news05.jpg
どちらも「Gbps」を無線で実現

「5G」と「Wi-Fi 6」の違いとは? 共存する必要はあるのか

「5G」と「Wi-Fi 6」は電波の面でも、用途の面でも干渉し合う可能性がある。2つの間に起こるのは競争か、共存か。

/tt/news/1908/05/news09.jpg
市場には準拠品が登場

「IEEE 802.11ax」が“期待外れのIEEE 802.11ac”とは違うこれだけの理由

「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ac」を比べた場合、新しい規格である前者のメリットは大きい。製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られるこの新しい規格には、どのような新機能を期待できるのだろうか。

/tt/news/1908/02/news05.jpg
ビジネスでの可能性は

「料金が高くても5Gに変える」が7割以上 そこまでして得たいメリットは

「5G」の導入に前向きな企業は、仮にコストが上がることが分かったとしても、導入を諦める気はないようだ。企業が5Gに期待するのは、ネットワークのデータ伝送速度と信頼性の向上などだ。

7 月

/tt/news/1907/31/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

格安・極小PC「Raspberry Pi」の試したくなる活用例

さまざまな人の創作意欲を刺激してきた手のひらサイズの小型コンピュータ「Raspberry Pi」。多岐にわたるその活用例の中から、ビジネスに生かせる注目すべき使い方を紹介する。

/tt/news/1907/29/news06.jpg
「4G」とは位置付けが違う

「5G」のリアルタイム性がもたらす3つの重要な変化

データ伝送速度の高さとレイテンシの低さを兼ね備えた「5G」は、リアルタイム性の高いコミュニケーションを実現する。「4G」との違いを整理した上で、5Gが企業にもたらす影響を考察する。

/tt/news/1907/27/news01.jpg
OS「Raspbian」の最新版も登場

格安PC「Raspberry Pi 4 Model B」 最大4GBメモリと4K対応がうれしい

「Raspberry Pi 4 Model B」は従来モデルから大幅にアップグレードした。どれだけの進化があったか、その性能や特徴を紹介する。

/tt/news/1907/23/news02.jpg
「Azure IoT」サービスを一挙紹介【後編】

「Azure IoT」のSphere、Digital Twins、TSI、Maps、Stream Analyticsとは?

MicrosoftのIoTサービス群「Azure IoT」には、IoTデバイスが生み出すデータを取得したり、アプリケーション開発に生かしたりするための、さまざまなサービスがある。その中から5つのサービスを紹介する。

/tt/news/1907/20/news01.jpg
「ノートPCの限界」が変わる

Intelの次世代PC計画「Project Athena」とは? 水準はどこまで高まるか

ノートPCの品質を引き上げることを目指すIntelの複数年計画「Project Athena」は、バッテリー駆動時間や通信機能の向上に重点を置いている。同社の取り組みに対して、アナリストの見解は慎重だ。

/tt/news/1907/19/news01.jpg
5Gと健康被害【第3回】

5Gは安全なのか悪影響があるのか、対立する研究結果の真実

5Gや携帯電話が健康に悪影響を及ぼすという研究結果と、健康に問題はないという研究結果。両者を比較検討すると、ある真実が浮かび上がってきた。また、信頼度の高い研究も進められている。

/tt/news/1907/19/news06.jpg
無線テクノロジーの「世代」はどれも曖昧

「5G」と「4G」を比較 微妙に違うのか、それとも決定的に違うのか?

4Gと5Gの違いを評価すると、5Gが非常に素晴らしいものだと感じるだろう。だが5Gが掲げている目標と現実は大きく異なる可能性がある。

/tt/news/1907/16/news07.jpg
「Azure IoT」サービスを一挙紹介【前編】

「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」「Azure IoT Central」の違いとは?

企業が自社のIoTデバイスを効率的に管理/監視できるようにする手段として、Microsoftが提供しているサービス群が「Azure IoT」だ。「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」など4種のAzure IoTサービスを紹介する。

/tt/news/1907/13/news01.jpg
MacBook Proの競合か

Samsung「Notebook 7」「7 Force」は「MacBook Pro」よりも薄くて美しい新作?

Samsung Electronicsが発表した「Notebook 7」「Notebook 7 Force」は、グラフィックス性能とコンテンツ制作機能を重視した新しいノートPCで、「13インチMacBook Pro」と比較すると薄くて軽いモデルだ。

/tt/news/1907/12/news07.jpg
すぐ採用すべきケース、様子見が良いケースの違いは

QLC方式のNAND型フラッシュメモリとは? 正しく知る4つの質問

「QLC」方式のNAND型フラッシュメモリへの関心が高まっている。容量面でのメリットからその将来性まで、よくある4つの疑問について解説する。

/tt/news/1907/08/news05.jpg
接続障害のトラブルシューティング

「リモートデスクトップがつながらない」を解決する5つの対策

リモートデスクトップ接続ができないときは、ファイアウォール、セキュリティ証明書などに原因がある可能性がある。接続の問題を特定する方法と、簡単にできる解決策について説明する。

/tt/news/1907/06/news01.jpg
専門家の意見は真っ二つ

Apple独自のシングルサインオン「Sign In with Apple」は本当に安全か?

Appleは、ユーザーのプライバシーを重視した独自のシングルサインオンサービス「Sign In with Apple」を準備中だ。このサービスについて専門家の評価は分かれている。

/tt/news/1907/05/news05.jpg
5Gと健康被害【第2回】

携帯電話業界団体の研究結果「健康リスクが存在する証拠はない」

米国機関とイタリアの研究所が、電磁波による発がんリスクを指摘。これに対し携帯電話の業界団体GSM Associationは、携帯電話放射線は人の健康に影響を及ぼさないと否定した。

/tt/news/1907/04/news02.jpg
デバイスの操作性を損ねないようにするには

「統合エンドポイント管理」(UEM)で利便性とセキュリティを両立させるコツ

ユーザーにとってのエンドポイントの操作性に重点を置いて熟考されたUEM戦略は、クロスプラットフォームの機能やシステムへのアクセスを容易にするだけでなく、IT担当者の生産性も向上させてくれる可能性がある。

/tt/news/1907/03/news05.jpg
両CPUの特徴を整理

Intelの第10世代Core「Ice Lake」と、AMDの第3世代「Ryzen」の違いは?

開発コードネームで「Ice Lake」と呼ばれるIntelの第10世代「Core」と、7ナノ製造プロセスを採用したAMDの第3世代「Ryzen」。この2種類の新たなCPUは、何が違うのか。

/tt/news/1907/02/news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

4D NANDも登場 「フラッシュメモリ」注目技術ガイド

フラッシュメモリの技術進化はとどまるところを知らない。ベンダー各社が技術開発にしのぎを削り、さまざまな新技術でフラッシュメモリの容量効率は磁気ディスクに近づく可能性がある。

/tt/news/1907/01/news03.jpg
新スマホ移行の段取りを効率化するには

古いiPhone、Androidを上手に手放す「ライフサイクルポリシー」が必要な理由

IT部門がスマートフォンのライフサイクルポリシーを作成する際は、利用できるリソースと、ユーザーのニーズを考慮しなければならない。そうしたポリシーが必要な理由と、その設計方法について解説する。

6 月

/tt/news/1906/30/news01.jpg
「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【前編】

「iPadOS」と今までの「iOS」の違いは? “ノートPC不要論”を再燃

タブレット「iPad」専用OSとして登場した「iPadOS」は、これまでiPadが搭載してきた「iOS」の機能を基に、タブレット向けに最適化したOSだ。iPadをノートPCのように使うようにするための機能も充実している。

/tt/news/1906/29/news01.jpg
「Mac Pro」新モデルはプロ向けと評判

マウスが使える「iPadOS」に大喜びする人、満足できない人を分ける条件

「iPadOS」は「iPad」専用の新OSだ。マウスや外付けドライブを利用可能にした他、アプリケーションのマルチタスクなどの機能を備える。iPadの可能性を広げそうなiPadOSだが、求める用途によって評価は異なるようだ。

/tt/news/1906/28/news08.jpg
モバイルデバイスのキッティングが楽に

Androidの「ゼロタッチ登録」、多少の制限があっても使いたくなる魅力とは

ゼロタッチ登録を利用すれば、Androidデバイスのプロビジョニング作業を簡略化できる。多少の制約はあるものの、組織によってはこの方法で大きな恩恵を受けられるだろう。

/tt/news/1906/22/news01.jpg
グラフィックス性能に強み

「ThinkPad」第2世代AMD Ryzen PRO搭載モデルは、Intel搭載モデルよりお得か?

Lenovoは「ThinkPad T」「ThinkPad X」シリーズのラインアップにAMD製プロセッサ「AMD Ryzen PRO」シリーズ搭載モデルを追加した。「ThinkPad T495」「ThinkPad T495s」「ThinkPad X395」の性能や特徴を探る。

/tt/news/1906/19/news09.jpg
サブスクリプションがいつもお得とは限らない

「サービスとしてのデバイス」(DaaS)を選ぶべきかどうかを見極める5つの質問

「サービスとしてのデバイス」(DaaS)の利用を検討するITプロフェッショナルは、このサービスが自分たちの組織にうまく合うかどうかを考えなければならない。それを見極めるための5つの質問を紹介する。

/tt/news/1906/18/news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

5Gとは結局、何なのか 知っておきたい基本の「き」

5Gは4Gでは難しかった試みが実現する可能性がある一方で、考慮すべき課題もある。適切な評価のために、まずは5Gの可能性と限界を正しく理解しよう。

/tt/news/1906/18/news05.jpg
低レイテンシ、安定性に注目

「ローカル5G」とは何か “使えない無線LAN”の代替策に

企業には各種デバイスやオートメーション装置向けの高度なネットワーク接続が必要になる環境がある。今後「ローカル5G」がそうしたネットワーク構築の有力な選択肢になる可能性がある。

/tt/news/1906/17/news07.jpg
「5G」が飛躍させるAR/VR【後編】

「5G」が普及すると“ひとりVR”がなくなる?

「5G」に期待が集まるのは、既存の技術では乗り越えられないネットワークの課題を解消する可能性があるからだ。AR/VRを5Gがどのように変えるのか、見てみよう。

/tt/news/1906/16/news01.jpg
スマートグラス「Glass Enterprise Edition 2」が登場

Google「Glass」がビジネス仕様で再復活 太めのフレームでより眼鏡らしく

ビジネス向けの「Glass Enterprise Edition 2」は、従来モデルと比べてパフォーマンスやバッテリー持続時間、カメラ品質を向上させ、スタイルも一新した。

/tt/news/1906/15/news01.jpg
従来モデルよりも処理速度を向上

新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か

Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。

/tt/news/1906/11/news05.jpg
法人向けツールとの連携も

Lenovo「ThinkReality A6」はAR/VR市場で「HoloLens 2」の対抗馬になるか?

LenovoはAR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ「ThinkReality A6」を発表した。業務に使用することを念頭にコスト効率の高い設計になっている。

/tt/news/1906/11/news01.jpg
「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の実力【後編】

Pixel 3aにも搭載へ 「Android Q」は5Gや“曲がるスマホ”フォルダブルを実現

GoogleのAndroidスマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」は、Androidの最新版「Android Q」をいち早く利用できるようになる見込みだ。Android Qの主要な新機能を紹介する。

/tt/news/1906/10/news07.jpg
「5G」が飛躍させるAR/VR【前編】

「5G」が救世主に AR/VRの“PC市場超え”を阻む致命的な課題とは?

さまざまなシーンでの利用が期待されるAR/VRだが、本格的に普及するには困難な課題が幾つか残っている。その課題を解消し、市場を急拡大させる可能性を秘めているのが「5G」だ。

/tt/news/1906/08/news01.jpg
2019年上半期に新PCが次々登場

「ThinkBook」はモバイルワークにうれしい機能満載、Lenovo新ブランドの実力は

Lenovoは2019年5月末から8月にかけて新ブランドと新製品を次々に市場投入する。「ThinkBook 13s」「同14s」や「ThinkPad X1 Extreme」第2世代、「ThinkCentre M90n Nano」の特徴を探る。

/tt/news/1906/05/news08.jpg
ネットワークのストレスを解消

無線LANのパフォーマンスを無料で改善する“3つのステップ”

無線LAN環境のパフォーマンスを向上させるには、パフォーマンスを低下させる要因を取り除き、設計を見直す必要がある。スループットを改善するコツとは。

/tt/news/1906/02/news01.jpg
「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の実力【前編】

4万円台で買える「Pixel 3a」 約10万円の「Pixel 3」と何が違うのか?

Googleは新たなスマートフォン「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発売した。既存のフラグシップモデルと同様の品質の製品を、より安く提供する狙いだ。

5 月

/tt/news/1905/25/news01.jpg
大枚はたいても元は取れる

「ThinkPad X1 Extreme」、ベテランレビュアーが手放しで褒める高性能ノートの実力は

「ThinkPad X1 Extreme」は、長年数々のノートPCをレビューしてきた筆者が「自分のメインPCを上回る性能を持つ、現行世代のハイエンドノートPCに出会ったのはこれが初めて」とまで手放しで評価する製品だ。

/tt/news/1905/22/news10.jpg
具体的な内容を紹介

忘れられがちなモバイルデバイスの「インシデントレスポンス」計画、何を定めるべき?

インシデントレスポンス計画では、モバイルデバイスが見落とされることが少なくない。本稿では、企業のセキュリティ管理にモバイルデバイスを組み込む方法を紹介する。

/tt/news/1905/21/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由

スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。

/tt/news/1905/20/news05.jpg
管理者の視点で見るなら

「Android」と「iOS」をあらためて比較 結局、どちらが“正解”なのか?

企業が業務用に「Android」と「iOS」のいずれかを選ぶ際は、Androidのカスタマイズ性と豊富な選択肢を重視するか、iOSの一貫性を重視するかが鍵になる。

/tt/news/1905/18/news02.jpg
モバイル端末の長所と短所を比較

「ファブレット」と「タブレット」は何が違う? 6つのポイントで比べた

業務用のモバイル端末を選ぶ際、タブレットにすべきか、「ファブレット」と呼ばれる画面の大きいスマートフォンのどちらにするか迷う場合がある。本稿ではそれぞれの違いについて説明する。

/tt/news/1905/13/news04.jpg
準拠品は徐々に増加

ドラフト版でも「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を買うべきなのか?

ネットワークベンダー各社が新しい無線LAN規格「Wi-Fi 6」に準拠したデバイスを発表した。ただし同規格はまだIEEEで承認されていない。この無線LAN新規格への適切な投資タイミングとは。

/tt/news/1905/10/news05.jpg
必要な機能を見極めるポイントを解説

「デジタルワークスペース」製品選びで必ず比較したい5つの機能

理想的なデジタルワークスペース製品に必要な要素は5つに絞ることができる。この5つの機能に焦点を当てて吟味すれば、自社のニーズにかなう適切な製品を選択できるだろう。

/tt/news/1905/04/news01.jpg
「CYOD」戦略を再考する【後編】

iPhone登場から11年でも広がらないCYOD 救世主は「VDI」と「UEM」か

「仕事で使うデバイスくらい、自分で選びたい」という従業員の望みは、2008年の「iPhone」登場から11年たった今でも、十分にかなえられてはいない。状況を変え得る「VDI」「UEM」といった手段はあるが、課題もある。

4 月

/tt/news/1904/28/news01.jpg
IT管理者とエンドユーザー両方に恩恵

iOS/Androidでのパスワード使い回しを防ぐ「ワンタイムパスワード認証」製品

パスワード認証とは別の認証方法をモバイルデバイスで利用すると、パスワードを盗み取るフィッシング攻撃を防ぎながら、利便性を高められる。有力な選択肢である「ワンタイムパスワード認証」を説明する。

/tt/news/1904/27/news01.jpg
「CYOD」戦略を再考する【前編】

iPhone登場から11年 それでも「好きなデバイスを仕事で使う」が実現しない理由

2008年の「iPhone」登場から11年がたった今、企業のデバイス活用戦略が岐路に立っている。企業が認定したデバイスの業務利用を認める「CYOD」を検討する動きもあるが、そこには依然として課題がある。

/tt/news/1904/24/news05.jpg
生体認証、DAAなどの新しい方法について解説

パスワードだけでは不十分 「iPhone」「Android」スマホに追加したい認証手法

モバイル端末で社内のデータにアクセスできるようにする場合、ID/パスワードによるユーザー認証だけでは不十分だ。モバイル端末を導入するIT部門は、新技術を使った認証手段について検討する必要がある。

/tt/news/1904/23/news02.jpg
特徴と限界を見極めるヒント

VDIパフォーマンス監視ツールを比較 「ControlUp」「eG」「Goliath」の違いは

VDIのパフォーマンス監視ツールを選択する際は、各ツールに固有の機能と限界を理解する必要がある。「ControlUp Real-Time」「eG Enterprise」「Goliath Performance Monitor」の3つを取り上げ、特徴を紹介する。

/tt/news/1904/16/news09.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「パスワード認証」を今すぐやめるべき理由

ID/パスワード認証を使い続けることは、なぜ危険なのか。限界論が強まるパスワード認証の是非をあらためて問う。

/tt/news/1904/22/news02.jpg
単なる従業員監視ツールか

ウェアラブル技術の業務利用が引き起こすデータ保護法との摩擦

ウェアラブル技術によって従業員のパフォーマンスを監視したりミスや事故を防いだりすることができるようになった。だが、従業員のプライバシーを侵害する恐れもある。

/tt/news/1904/19/news07.jpg
知っておくと便利なOSファイル圧縮機能

Windows 10をHDDでも“爆速”で起動できる「コンパクトOS」のすすめ

「Windows 10」をHDDから起動するPCがあるなら、ディスク容量を圧縮する機能「コンパクトOS」を使うと、OSの起動が高速になる。

/tt/news/1904/21/news01.jpg
これまでと根本的に違う点

次世代無線LAN「Wi-Fi 6」がIoTを普及させる3つの理由

新しい無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には、IoT(モノのインターネット)普及を促す一助となり得る機能が幾つかある。注目すべき特徴を解説する。

/tt/news/1904/11/news04.jpg
EMMとのAPI連携で効率化が進む

「Android Enterprise」があればアップデートや業務アプリ配信がもっと簡単に?

「Android Enterprise」のAPIを使うと、エンタープライズモビリティー管理(EMM)ツールを使ったきめ細かなAndroidデバイス管理が可能になる。何ができるのかを簡潔にまとめた。

/tt/news/1904/08/news05.jpg
5G通信の初期展開を予想する

「5G」と「4G」を比較 速さだけではない3つの違いとは

通信事業者は、5Gの初期展開に慎重な動きを見せる可能性がある。だが5Gには4G以前と決定的に違う要素が3つあるため、優れた投資対象になると専門家は予測する。

/tt/news/1904/04/news06.jpg
「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品で利用可能

“危険なAndroid”を生まないための「Android Enterprise」設定ガイド

Androidデバイスの管理者がデータ漏えいや認証回避などの危険を防ぐのに役立つ「Android Enterprise」。そのセキュリティ関連の設定を紹介する。

3 月

/tt/news/1903/31/news01.jpg
いまビジネスで使うならどちらがいい?

Android vs. iOS ここ数年で評価が急上昇したモバイルOSはどちら?

モバイルデバイスの管理者にとって、OSやデバイスの保有を含めたモバイル導入の選択肢は多岐にわたる。本稿ではそうした状況について解説する。

/tt/news/1903/23/news01.jpg
仮想アシスタントやチャットbotを活用

AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ

AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。

/tt/news/1903/13/news06.jpg
確認すべき3つのポイント

モバイル脅威防御(MTD)ツール、優れた製品とダメな製品の見分け方

IT担当者は、モバイル機器を狙った脅威に対する防御ツールの使用を検討する必要がある。正しいツールを選べば、マルウェアを防ぎ、コンプライアンスの問題点を見つけて、シャドーITを明らかにできる。

/tt/news/1903/13/news04.jpg
今後の鍵は無線LANの制御

無線LANは成熟市場ではなかった? 企業がアクセスポイントを増やす理由とは

オフィスでは敬遠されることが少なくなかった無線LAN。この市場がいま伸びている。企業が新たに無線LAN環境を導入する背景には何があるのだろうか。無線LAN市場の動向を紹介する。

/tt/news/1903/12/news09.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

スマホ1台で仕事ができる 仮想デスクトップの想像を超える新機能とは

スマートフォン画面の大型化が進み、ビジネスの現場でスマートフォンを本格的に活用することが現実的になっている。デバイスだけでなく、モバイルワークに有用な製品やサービスが進化しているためだ。

/tt/news/1903/10/news01.jpg
生体認証普及の道筋が整う

10億台のAndroid端末が「パスワードのない世界」へ FIDO2取得でログインはどうなる?

FIDO Allianceは、Android 7以降の全デバイスがFIDO2認定を取得したと発表した。これにより、パスワードの代わりに生体認証を使ってWebサイトやアプリへのログインを実現できるようになる。

/tt/news/1903/09/news01.jpg
5G、Wi-Fi 6への準拠も

Samsung「Galaxy S10」シリーズ登場、「S10」「S10+」「S10e」「S10 5G」の違いを徹底比較

Samsung「Galaxy S10」シリーズの新モデル、「S10」「S10+」「S10e」「S10 5G」のモデル別の特徴を解説する。

/tt/news/1903/03/news01.jpg
iCloudはダメ?

モバイル端末のバックアップは悩ましい 管理手法別に紹介

モバイルデバイス管理(MDM)の対象としているモバイル端末のバックアップを許可していいかどうかは、状況ごとに異なる。COBO、COPE、BYODのシナリオ別にIT担当者が検討すべき事項を解説する。

2 月

/tt/news/1902/26/news10.jpg
A/Bテストには落とし穴も

モバイルアプリのA/Bテスト 実施のポイントとおすすめツールは?

モバイルアプリのA/Bテストは、アプリ更新時のバグを防ぎ、より良いユーザー体験を提供するのに最適な方法だ。しかし着手にはコツがいる。本稿では、A/Bテストのコツとおすすめのテスト用ツールを紹介する。

/tt/news/1902/23/news01.jpg
「eUFS 2.1」で1TBストレージが可能に

「1TBスマホ」がついに登場 Samsung「Galaxy S10+」で実現

モバイルデバイスで1TBストレージを可能にするSamsung Electronicsの「eUFS 2.1」は、IT管理者にとって1TB分の悩みの種になる。

/tt/news/1902/21/news01.jpg
5Gスマホが解決すべき技術的課題

初期の5Gスマホは大きくて分厚く、そして高い?

5Gスマホの開発・製造には解決すべき技術的な課題があるという。その制約により初期の5スマホは大型で分厚く、高価なものになりそうだ。

/tt/news/1902/18/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「iPad Pro」か「Surface Pro」か 比較で分かったその答え

市場にはさまざまなタブレットがある。その中でも「iPad Pro」と「Surface Pro」は知名度という点で間違いなく2強といえる。どちらも高水準の性能を持っているが果たしてビジネス利用に最適なのはどちらなのだろうか。

/tt/news/1902/15/news12.jpg
MDMが不要に

Amazon WorkLinkで社内システムに簡単モバイルアクセス、その仕組みは?

Amazon WorkLinkでは、ユーザーが手持ちのモバイル端末でファイアウォールの背後のコンテンツにアクセスでき、面倒なVPNやモバイル端末管理の手間を省く助けになる。

/tt/news/1902/13/news02.jpg
Computer Weekly導入ガイド

顧客主導主義となるための投資

デジタルカスタマーエクスペリエンスの強化に向け、いかに小売り業務を転換すべきか。Forresterの「Digital Store Playbook」から抜粋して紹介する。

/tt/news/1902/08/news03.jpg
Computer Weekly導入ガイド

モバイルファースト+α戦略で急成長したジュエリー販売店

英ロンドンのジュエリー販売店Taylor & Hartが指輪購入のルールを変革するに当たり、中心的な役割を果たしたのはモバイルだった。

1 月

/tt/news/1901/29/news03.jpg
自社に最適なクライアントを選ぶ

Raspberry PiやChromebookもある シンクライアントをコストや用途で比較

リモートサーバでアプリケーションとファイルを管理するシンクライアント方式は、端末のコストを抑え、PCの管理を簡単にするメリットがある。本稿では各種シンクライアント端末を、コストや用途面から比較する。

/tt/news/1901/23/news06.jpg
製造業、通信事業、医療、教育、サービス業……

シンクライアントを導入すべき? 業界別にみるメリットとデメリット

シンクライアントがあれば、幅広い組織や業界が恩恵を受けられる可能性がある。シンクライアントのメリットとデメリット、そして業界ごとの理想的な用途について解説する。

/tt/news/1901/19/news01.jpg
iOS 11からiOS 12で何が変わったのか

iOS 12のユーザー認証はOAuthでどのように簡素化されたのか

OAuthはiOS 12でどのように使えるようになったのか、ユーザー認証の仕組みはどうなっているのか、また懸念すべき点は何か。本稿ではこれらについて解説する。

/tt/news/1901/14/news01.jpg
ユーザーニーズと業務環境のズレ

働き方をモバイル中心へ変える「デスクトップトランスフォーメーション」注目の訳

最新の業務環境では、働く上でのデバイスを限定しないことが重要になっている。IT部門は、デスクトップ環境を中心とした管理手法から脱却し、最新のユーザーニーズに合わせて業務環境を進化させなければならない。

/tt/news/1901/12/news01.jpg
ケガをしたときに役立つアイデアも紹介

旅行や出張で大活躍しそうなモバイル活用テクニック

IT、なかでもスマートモバイル関連技術の進歩を特に実感するのが、旅行や出張の時と、ケガをした時だろう。本稿では、筆者自身の経験から気付いた便利なテクニックを紹介する。

/tt/news/1901/11/news09.jpg
クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増

医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由

医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。

/tt/news/1901/08/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?

2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。

/tt/news/1901/07/news04.jpg
製品構成を詳しく解説

VMware Workspace ONE vs. Citrix Cloud デジタルワークスペース2大製品を比較

デジタルワークスペースの2大巨頭であるCitrix SystemsとVMware。それぞれのデジタルワークスペース関連製品/サービスは何ができるのか。詳しく紹介する。

/tt/news/1901/05/news01.jpg
IT担当者が知っておくべき今後の潮流

2019年モバイル技術トレンド予測 AI、IoT、EMM、アプリ開発はどうなる?

2018年が終わり、IT担当者が企業向けモバイル関連技術の最新トレンドに目を向けるにはいい時期になった。2019年の注目すべき動向を紹介する。

/tt/news/1901/04/news01.jpg
信者が語るChromebook&G Suiteの魅力(後編)

Chromebookで使うOffice Online/Office 365の現実

ChromebookでG SuiteではなくMicrosoft Officeを使う場合、何ができて何ができないのか。Chromebookをビジネスで活用する際に避けては通れない問題を検証する。