WindowsでもIntelではなく「Arm」が主役? PCに何が起きるのかMicrosoftのCopilot+ PCでまた新たな動き

かつてPCに搭載されるプロセッサと言えばIntelが主流だったが、いまやそれは常識ではない。Microsoftによる新発表によって、プロセッサの勢力図が変わりつつあることが鮮明になった。

2024年07月06日 08時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 クライアントOS「Windows」や「macOS」を搭載するPCのプロセッサと言えば、以前はIntel製のCPU(中央演算処理装置)を搭載しているのが当然だった。だがその状況は今、急激に変わりつつある。

 Appleは2020年に、半導体設計を手掛けるArmのアーキテクチャを基にした独自のSoC(システムオンチップ)「Apple M1」(以下、M1)を発表。クライアントデバイス「Mac」シリーズへのIntel製プロセッサの搭載をやめた。

 Microsoftの新たな発表によって、Windows搭載のPCにもArmプロセッサの波が来ている状況が鮮明になった。Arm時代の到来と同時に、何が起きようとしているのか。

Windowsの主役はもうArm? PCに何が起きるのか

 Armのプロセッサと言えば、以前は比較的安価なノート型デバイス「Chromebook」や、シンクライアント端末に搭載されるのが主流だった。だがArmのプロセッサに、「Intel製プロセッサに対する低価格の代替品」といったイメージはもうない。

 AppleはM1をはじめとした独自プロセッサを「Appleシリコン」という呼称で提供している。同社は2024年5月に発表した最新版「Apple M4」を、タブレット「iPad Pro」の第7世代に搭載した。

 Windows搭載の一部のPCも、Armアーキテクチャのプロセッサを採用してきた。以前はArm版のWindows PCは、IntelのCPU搭載のPCと比べれば少数派の印象が強かったが、その状況は変わりつつある。

 2024年5月、Microsoftは「Copilot+ PC」という、AI(人工知能)技術向けに設計されたWindows PCのブランドを発表した。この発表時点でCopilot+ PCは、Armアーキテクチャを採用したQualcommのCPUを搭載している。それに加え、Copilot+ PCはQualcomm製のNPU(Neural Processing Unit)も搭載している。NPU はAI技術の処理を実行することを前提に設計されたプロセッサだ。

 AdobeやBlackmagic Designといったさまざまなソフトウェアベンダーが、CoPilot+ PC向けのAI機能を披露している。Adobeの画像編集ソフトウェア「Adobe Photoshop」やBlackmagic Designの動画編集ソフトウェア「Da Vinici Resolve」は、Copilot+ PCのNPUで、画像や動画の編集作業を高速化できる。

 Microsoftに加え、AcerやASUSTeK Computer(ASUS)、Dell Technologies、HP、Lenovo、Samsung Electronicsが、Copilot+ PCを2024年6月に発売した。複数のPCベンダーがCopilot+ PCを提供開始することは、業界を挙げてこの新PCブランドの商機を広げようとする姿勢を表している。

 PCベンダー各社は、IntelまたはAdvanced Micro Devices(AMD)製の「x86」(命令セットアーキテクチャのこと)系プロセッサを搭載したAIアプリケーション向けPCも提供している。AI技術の処理を前提にしたプロセッサとしては、AMDは「Ryzen Pro」を2024年4月に発表し、Intelは2023年12月に「Core Ultra」を発表した。

プロセッサの多様化は何をもたらすのか

 AIアプリケーションをPCで利用するニーズが、実際にどれだけあるのかに関しては論争が続いている。論争の焦点となるのは、AIアプリケーションの開発状況だ。プロセッサのアーキテクチャの選択肢が多様化する今、アプリケーション開発者はさまざまなプロセッサで利用可能なアプリケーションを開発しなければならないという課題を抱えている。

 Windows PCは、Intelのプロセッサを搭載している製品が実質的な標準だった。アプリケーションも、Intelのプロセッサで動かすことを前提にするのが主流だった。これからAI技術が進化し、Copilot+ PCの利用が広がれば、アプリケーション開発の複雑さやアプリケーションの互換性に関する新たな課題を生じさせる可能性がある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...