2020年02月02日 09時30分 公開
特集/連載

キーボードにマウスの機能が融合ThinkPadの赤い「トラックポイント」はなぜ愛され、なぜ万人受けしないのか?

キーボードにマウス機能を融合させた赤い「トラックポイント」が付いたキーボードは、「ThinkPad」ファンへの贈り物としては最適だ。ただし贈る相手は慎重に選ぶ必要がある。それはなぜなのか。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC


 企業で広く使われているノートPCの一つが、Lenovoの「ThinkPad」シリーズだ。耐久性に定評があり、かなりの酷使にも耐えられる。最も重要なことは「トラックポイント」を搭載していることだ。トラックポイントは業界で親しみを込めて「ポインタスティック」「クラウンノーズ」(ピエロの鼻)、「レッドナブ」(赤ポチ)などとも呼ばれている。

 Lenovoのトラックポイントを使い慣れている人は、ポイント&クリックをこれほど効率良くできる方法は他にないことを知っている。キーボードとマウス機能をノートPCのキーボードに統合する他の手段は皆、トラックポイントと比べると見劣りする。タッチパッドでマウスカーソルを画面のあちこちに動かすと、キーから指が離れてしまうからだ。

 トラックポイントでは、人指し指だけをキーから離せばよい。離しているときも、その位置は人指し指のホームポジションである「F」「J」から決して遠くない。

USB接続とBluetooth接続のトラックポイントキーボード

 ThinkPadファンにぴったりの贈り物が、トラックポイント搭載のスタンドアロンキーボードだ。彼らにとって思いがけない物である可能性があるが、喜んで受け取ってくれるだろう。トラックポイントキーボードのUSB接続モデルは、任意のPCに接続できる。ThinkPadの使いやすさをあらゆるPCで享受できる。

 トラックポイントキーボードのBluetooth接続モデルはPCを操作できるだけでなく、Bluetooth接続が可能であれば、セットトップボックスなどUSB端子のない機器に接続可能だ。ユーザーはリモコンで汎用(はんよう)の上下左右ボタンを使う代わりに、キーボードとトラックポイントでデバイスを操作できる。

 私はこうしたトラックポイントキーボードを数台買い、愛用している。同僚のThinkPadユーザーがそれらを見つけると、興味深げに眉がぴくりと動く。彼らはすぐにこのキーボードの価値を理解し、どこで、いくらで手に入るのか知りたがる。

画像 トラックポイントキーボードについての私の唯一の不満は、キーが外れてしまうことだ《クリックで拡大》

トラックポイントキーボードが万人受けしない理由

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。