2019年06月08日 08時30分 公開
特集/連載

2019年上半期に新PCが次々登場「ThinkBook」はモバイルワークにうれしい機能満載、Lenovo新ブランドの実力は

Lenovoは2019年5月末から8月にかけて新ブランドと新製品を次々に市場投入する。「ThinkBook 13s」「同14s」や「ThinkPad X1 Extreme」第2世代、「ThinkCentre M90n Nano」の特徴を探る。

[Tanner Harding,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC


画像 Lenovo「ThinkBook 13s」

 Lenovoは2019年5月中旬に次の3つを発表した。

  • ノートPC「ThinkPad」のサブブランドとなる「ThinkBook」
  • ノートPC「ThinkPad X1 Extreme」の次世代モデル
  • ミニデスクトップPC「ThinkCentre M90n Nano」

 ThinkBookシリーズの第1弾として、ノートPCの新モデル2機種を2019年5月末に販売開始する。13.3型モデル「ThinkBook 13s」および14型モデル「ThinkBook 14s」だ。このThinkBookシリーズの設計目標は「モダンな消費者向けデバイスの持ち運びやすさや使いやすさを実現し、ビジネスリーダーの明日の成功を確実に支える、ウルトラスリムノートPCの新ラインアップを打ち出すことだった」と、Lenovoは説明する。

ThinkBook 13s/14sの製品概要

 LenovoはThinkBook 13s/14sで、若いビジネスパーソンをターゲットに、デザインや価格、サービス面でメリットを提供することを目指した。セキュリティや信頼性、サポートサービスといった分野で妥協することなく、スリムでスタイリッシュなデバイスの需要を満たすノートPCを作りたかったと述べている。

 これらのThinkBookは、ディスプレイを180度開いてフラットにすることができ、極細ベゼルの採用で小型化と大画面を両立させている。筐体はアルミとマグネシウムの合金で、カラーはミネラルグレーとなっている。ThinkBook 13sは重さ2.95ポンド(約1.34キロ)、同14sは3.35ポンド(約1.52キロ)だ。

 ThinkBook 13s/14sの他の特徴は以下の通り(訳注:ThinkBook 13sは2019年5月29日に日本で販売開始。ThinkBook 14sは国内未発売)。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...