2017年07月01日 05時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:仕事一筋のビジネス向けノートPC「ThinkPad T470」の実力は?伝統が支えるビジネス向けモバイルの魅力(1/3 ページ)

Lenovoの「ThinkPad T470」は桁外れのバッテリー持続時間とトップクラスのキーボードによって、ビジネス向けノートPCとして魅力的な選択肢の1つになる。

[Michael Wall,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | SSD


ThinkPad T470 ThinkPad T470《クリックで拡大》

 テクノロジー企業は革新を起こせないと厳しく批判されることが少なくない。だが、優れた製品に手を加える必要はあるのかを問うことに価値が見いだされる場合もある。Lenovoの「ThinkPad T470」で採用されているのは、そのような考え方だ。ThinkPad T470は、実に「ThinkPad」らしい製品だ。Lenovoの人気ビジネスモデルであるThinkPadをよく知らないユーザーのために説明しよう。ThinkPadには、頑丈で息の長いデザインが採用されており、実証済みの信頼性が備わっているという特徴がある。強烈な個性やセンスの良さはない。だが非常に高速なPCIe SSDと業界最高峰のキーボードが採用されている。また、これまでにTechTargetがレビューしたビジネス向けノートPCの中でも屈指のバッテリー持続時間を誇っている。残念ながら、型にはまっているということは、ThinkPad T470が完全なビジネス仕様であることを意味する。薄暗いディスプレイや安っぽいオーディオでは、マルチメディア指向のヘビーユーザーには物足りないだろう。

構造とデザイン

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...