「Windows 10」の知らないと損なキーボードショートカット5選単純作業をより効率的に

「Windows 10」の管理には、退屈な作業も少なからずある。PC管理者の業務を楽にする5つのキーボードショートカットを紹介する。

2019年08月04日 08時30分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]
画像

 何十台、何百台、何千台ものエンドポイントを毎日管理するPC管理者は、わずかな時間も無駄にできない。Microsoftが「Windows 10」に用意している豊富なキーボードショートカットを利用すれば、反復的な作業の時間と労力を節約できる。

 使用できるショートカットは多数ある。PC管理者が覚えておくと便利な5種類を紹介する。

Windows+R

 PC管理者は自動インストーラや診断ツールなどを日常的に起動する。「スタートメニュー」をスクロールして目的のファイルを探してもいいが、目的のファイルを直接「実行」する方が速くて簡単だ。これをするには「ファイル名を指定して実行」のダイアログを使う。このダイアログはキーボードの「Windows」(Windowsロゴ)キーと「R」キーを押して素早く開くことができる。

 キーボードショートカットを使わずにこのダイアログを開く場合は、マウスまたはキーボードで画面左下の「スタート」(Windowsロゴ)ボタンを押し、スタートメニューの「Windowsシステムツール」フォルダを展開。メニュー内にある「ファイル名を指定して実行」を選択する。

 ファイル名を指定して実行のダイアログが表示されたら、実行するファイルの名前を直接入力する。例えば「DirectX診断ツール」を開くには「dxdiag」と入力する。スクリプトの実行などシステムに対する操作をする「コマンドプロンプト」のウィンドウを開くには「cmd」と入力する。

Windows+I

 PCにはさまざまな詳細設定や構成オプションがあり、システムのハードウェア、ネットワーク、アプリケーション、個人用設定、プライバシー、更新など多岐にわたる。こうした各種設定項目への入口の役割を果たしているのが「Windowsの設定」ダイアログだ。PC管理者はシステムの設定やトラブルシューティングのために、頻繁にWindowsの設定ダイアログを使用する。これを素早く開くには、キーボードでWindowsキーと「I」キーを押す。

 キーボードショートカットを使わずにWindowsの設定ダイアログを開く場合は、マウスまたはキーボードで画面内のスタートボタンを押し、スタートメニューの「設定」を選択する。

 Windowsの設定ダイアログは、各種システム設定の最上位メニューだ。目的の設定項目の詳細を確認したり変更したりするには、ここからさらにマウスかキーボードで操作を進める。例えば接続する無線LANを選択するには、Windowsの設定ダイアログで「ネットワークとインターネット」を選択し、次に「Wi-Fi」を選択して、使用可能な別の無線LANを選択する。

Windows+E

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。