CPUでもGPUでもない「NPU」搭載の“AIノートPC”は何がすごい?Core Ultraの“新しさ”とは【前編】

Intelが2023年12月に正式に発表したプロセッサ新シリーズは、AI技術関連のタスクをこなすことを念頭に置いている。「NPU」を搭載するこのプロセッサの“革新的な点”はどこにあるのか。

2024年01月28日 11時15分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

 データセンターだけではなく、ノートPCにおいてもAI(人工知能)技術に関連するタスクをこなす処理能力が求められるようになってきた。それを象徴するのが、Intelが2023年12月に正式発表したプロセッサ新シリーズだ。設計としてまず特徴的なのは「NPU」(Neural Processing Unit)を搭載している点にある。何が変わるのか。

GPUとも違う「NPU」搭載新プロセッサの真価

 Intelが2023年12月に正式発表したCPUシリーズ「Core Ultra」は、ノートPCで特殊なAI技術関連のタスクを実行するために設計された。開発コードネーム「Meteor Lake」で知られていたこのCore Ultraについて、同社はAI関連の処理を担うプロセッサであるNPUを搭載することを以前から公表していた。NPUは以下のようなタスクを担う。

  • Web会議の背景ぼかし
  • 複数言語への同時翻訳
  • 通話のノイズ除去

 NPUはこうした特定のタスクに特化しているという点で、「GPU」(グラフィックス処理装置)とは異なる。GPUはグラフィックス処理に特化して開発されたプロセッサではあるが、さまざまなAI関連のタスクを含めて汎用(はんよう)的に活用されている側面がある。

 例えるなら、NPUは「短距離走者」のように特定のAI関連タスクを高速に処理できるが、幅広い用途に使うことはできない。一方、GPUは特定のタスクの処理速度では劣ったとしても、より幅広いタスクをこなすことができる。

 Intelが2023年12月に開催したイベントで、同社CEOのパット・ゲルシンガー氏は、「AI関連のタスクがより多くの処理能力を要求するようになるにつれ、NPUとGPUの連携が必要になる」と語った。

 次世代のコンピューティングにおいて、AI技術は欠かせない要素だ。「より高速で容量が大きいメモリ、より高速なネットワーク、より優れたコンピューティング能力をサステナブル(持続可能)な方法で実現する必要がある」とゲルシンガー氏は言う。


 後編は、AI技術の用途が広がる中で、ノートPCやプロセッサをどのような基準で選んだらよいのかを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...