iPad Pro新型モデルの「M4チップがどれだけすごいか」よりも見るべき進化とはApple新チップと「iPad」新型タブレットの実力【後編】

Appleは新型チップ「M4」を搭載した「iPad Pro」の新モデルと、「iPad Air」の新モデルを発表した。M4の性能だけではない、注目すべき進化とは。

2024年06月16日 08時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | 人工知能 | CPU


 Appleは新型チップ「M4」と、M4を搭載した第7世代の「iPad Pro(M4)」の他、「M2」を搭載した「iPad Air(M2)」を2024年5月に発表した。iPad Proの大きな変更点はM4を搭載したことで間違いないが、M4搭載によって特にどのような進化が期待できるのか。

“M4のすごさ”以上に見るべき「iPad Pro」の進化とは

 Appleによれば、M4は旧世代「M2」よりも電力効率が高い他、GPU(グラフィックス処理装置)の処理性能の向上によってアプリケーションやゲームがより快適に動作するといったメリットが見込める。

 M4は最新iPad ProのAI(人工知能)アプリケーションの処理と、同社の新しい有機EL(OLED)ディスプレイの「Ultra Retina XDR ディスプレイ」を支える。2枚のOLEDパネルを組み合わせて作られたUltra Retina XDR ディスプレイは、高精細表示と色精度の向上、均一な輝度を実現する。

 しかしM4の詳細な仕様や機能は、消費者やユーザー組織がiPad Pro(M4)の購入を検討する際に重要な決め手にはならないと、調査会社J.Gold Associatesでプリンシパルアナリストを務めるジャック・ゴールド氏は指摘する。

 消費者にとって重要なことは、iPad ProでAIソフトウェアがいかに快適に動くかだ。「新しいiPad ProでAIソフトウェアを最大限に活用できるかという点は、消費者にとってチップの仕様よりも大事なことだ」(ゴールド氏)

 iPad Pro(M4)は、ビデオや写真を撮影するための1200万画素の背面カメラと前面カメラ、暗所でも写真の色味や書類のスキャン品質を向上させるLEDフラッシュの「アダプティブTrue Toneフラッシュ」を備えている。

 データ通信規格の「Thunderbolt 3」と「USB 4」接続が可能なUSB-Cコネクターも搭載している。USB-Cのデータ転送速度は最大40Gbpsだ。

 iPad Pro(M4)の価格は、日本では11型モデルが16万8800円(税込)から、13型モデルは21万8800円(税込)からだ。

「M2」搭載のiPad Airも発表

 Appleは、iPad Proほどの処理性能や機能を必要としないユーザー向けに、M2を搭載するiPad Air(M2)を発表した。同製品の販売は5月15日に開始した。iPad Proと同様に、iPad Air(M2)も11型モデルと13型モデルがあり、いずれも1200万画素の背面カメラを備えている。

 iPad Air(M2)は前世代の技術を採用しているため、価格が抑えられている。日本では11型モデルは9万8800円(税込)から、13型モデル12万8800円(税込)から購入できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...