2015年01月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

1万円台前半では最高クラスの性能とはいえ徹底レビュー:ずばぬけたコスパの「Amazon Fire HD 6」が万人受けしない理由

米Amazonの「Fire HD 6」は読書、友人との連絡、オンラインショッピングに使える手ごろな価格の小型タブレットを求めるユーザーをターゲットにしたデバイスだ。だが、決して万人向けとはいえない理由がある。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Android | iOS | タブレット


 低価格帯タブレットのディスプレー品質は標準以下であることが多い。だが、米Amazonの「Amazon Fire HD 6」タブレットのディスプレーは1万1800円(8Gバイトモデル)という価格にもかかわらず美しい。

構造とデザイン

photo 5色のカラーバリエーションが用意されているFire HD 6

 Fire HD 6のデザインは「持ち運びやすさ」と「1万円台前半の低価格」という2つの目標を実現することを第一に掲げている。どちらも負荷が高くない作業用のモバイルデバイスを求めるユーザーへの訴求を目指したものだ。

 ファッション性を求めるユーザーへのアピールポイントとして、豊富なカラーバリエーションが用意されている。バリエーションがあるのは背面と側面のプラスチックカバー部分で、正面はどのカラーも黒だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...