徹底レビュー:注目の「iPhone 6 Plus」、買って幸せになる人と持て余す人の分かれ目「iPad」に近い操作性を実現

「iPhone 6 Plus」は「iPhone 6」の大型版と考えられているが操作性を見ると「iPad」に近い。米Appleがついに発売したファブレットを使うべき人とは?

2014年11月03日 09時00分 公開
[Dragan Petric,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | OS | iPad


 米Appleはファブレット競争に加わることをできる限り先延ばしにしてきた。だが、ついに「iPhone 6 Plus」でスマートフォンの世界で生じた大型化という変化に屈することになった。5.5インチのiPhone 6 Plusは基本的に「iPhone 6」の大型版だ。だが、幾つかのソフトウェアとハードウェアの細部が異なっている。その違いによって、iPhone 6 Plusは「iPhone」ではなく「iPad」に近い操作性を実現している。

 iPhone 6 Plusは、全Apple製品の中で最高のピクセル密度を誇っている。また、バッテリー持続時間も驚異的だ。カメラに関してはスマートフォンに搭載されているものの中で最高レベルであることは間違いない。だが、欠点も幾つかある。これらの欠点により、洗練さと完全なデザイン性に関して不満が残るというiPhoneに似つかわしくない製品となっている。iPhone 6 Plusが曲がることをいっているのではない。iPhone 6の長所と短所の多くがiPhone 6 Plusにも共通して見られる。iPhone 6の長所と短所の詳細については、iPhone 6のレビュー記事を参照されたい(参考:徹底レビュー:スペックの見劣りを帳消しにする「iPhone 6」の“ずばぬけた魅力”)。本稿では、Apple初の特大スマートフォンであるiPhone 6 Plusを検証する。

構造とデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...