2017年08月05日 05時00分 公開
特集/連載

「サイズの違い」が意外と重要徹底比較:「12.9インチiPad Pro」と「10.5インチiPad Pro」、買って小躍りするのはどっち? (1/2)

「10.5インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro」は、画面サイズを除けば機能もパフォーマンスも大差ない。だが、このサイズこそが利用シーンを大きく分けることになる。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPad | タブレット


写真 写真 12.9インチiPad Pro(左)と10.5インチiPad Pro(写真は英語版)《クリックで拡大》

 Appleはタブレットの「iPad Pro」シリーズを拡大し、10.5型ディスプレイを備えた「10.5インチiPad Pro」に加え、12.9型ディスプレイの「12.9インチiPad Pro」の第2世代も投入した(写真)。本稿では、今購入するならどちらを選ぶべきかを考える。

 まずは価格だ。10.5インチiPad Proは6万9800円(価格は全て公式オンラインストアの税別価格)から、12.9インチiPad Proは8万6800円からと1万7000円高い。この価格差は重要な判断材料になる。本稿では両機種を使い込み、突き合わせて比較することで、購入時の判断材料を提供することを目指している。

構造とデザイン

 今回取り上げる2つのタブレットは製品群こそ同じだが、フォームファクター(形状やサイズ)には想像以上の違いがある。

 12.9インチiPad Proのサイズは305.7×220.6×6.9ミリ(高さ×幅×厚さ)で、10.5インチiPad Proは250.6×174.1×6.1ミリ。端的に言えば、10.5インチiPad Proの方がはるかに持ち運びが楽だ。10.5インチiPad Proは、2017年発売で9.7型ディスプレイを備えた「9.7インチiPad」よりもわずかに大きいが、重量は双方とも469グラム(無線LAN接続のみの「Wi-Fiモデル」の場合)からと変わらない。

 対照的に、12.9インチiPad Proのレビュー記事ではこのタブレットについて「キーボードのないノートPCのディスプレイのような印象だ」と感想を述べた(参考:徹底レビュー:12.9インチiPad Pro、ノートPC時代を終わらせる完成形タブレットか)。その重量は677グラム(Wi-Fiモデル)からと、実際のところ長時間の手持ち作業には重過ぎる。

 この差を正当化できるとしたら、ディスプレイの素晴らしさだけだろう。

ディスプレイ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...