2017年06月03日 08時00分 公開
特集/連載

徹底比較:iPad Pro vs. iPad(2017) 最高の9.7型タブレットはどっち?高い方がやっぱりいいの?(1/2 ページ)

ほぼ同じサイズで展開する2つのiPad。性能や使える機能に違いはあるが、その価値は価格の差を超えるのか。9.7型のiPad ProとiPad(2017)を比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]

 Appleは9.7型ディスプレイのタブレットを2種類発売している。そのうち、第1世代の「9.7インチiPad Pro」の方が、ほぼ確実に性能は優れている。だが、もう一方の2017年モデルの「iPad」と比べて価格は、ほぼ2倍になる。9.7インチiPad Proの機能は、追加の出費に見合うものなのだろうか。本稿ではそれを検証したい。

構造とデザイン

9.7インチiPad Pro

 本稿の結論が、フォームファクタの違いによって決まることは恐らくないだろう。というのも、フォームファクタにはほとんど違いがないからだ。正面から見たサイズは、どちらも高さが240ミリ、幅が169.5ミリと全く同じになっている。ただし、厚さについては、iPad(2017)が7.5ミリであるのに対して、9.7インチiPad Proは6.1ミリと若干薄い。また、重さについては、iPad(2017)は469グラム、9.7インチiPad Proは437グラムと9.7インチiPad Proの方が少しばかり軽くなっている(いずれもWi-Fiモデル)。

 この差が問題になるのは、一方の機種向けに設計された一部のケースが、もう一方で利用できないことくらいだ。この違いに普段使いで気付くことはないだろう。また、どちらも同じくらい持ち運びやすい。

 iPad(2017)は、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開。9.7インチiPad Proでは、この3色に加えてローズゴールドのオプションも用意されている。

ディスプレイ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...