徹底レビュー:プロアーティストが絶賛、「Apple Pencil」でiPad Proはどう変わる?ペンと紙の使い心地にどれだけ近づいたのか(1/2 ページ)

米Appleは「iPad Pro」と併せて「Apple Pencil」を発売した。Apple Pencilが持つ実力がどのようなものなのかをプロのアーティストにも協力してもらいレビューしてみた。

2016年01月10日 07時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPad | Adobe Systems | Bluetooth | タブレット


「Apple Pencil」の実力はどのようなものなのだろうか《クリックで拡大》

 米Appleはタブレット「iPad Pro」の投入により、さまざまな分野で新たな地平を切り開いた。この巨大タブレット用に同社初の感圧式スタイラスペンを発売したことも、その1つだ。米TechTargetは感圧式スタイラスペン「Apple Pencil」のテストを行った。このテストではプロのアーティストにも協力してもらった。

 まずApple Pencilで重要なポイントは、米Appleの最新タブレットである「iPad Pro」を日常的に使用する分には、必要ないということだ。このスタイラスペンは描画やお絵かき、手書きメモの作成などを容易にするためのツールだ。それ以外の作業は指先で行える。

 念のために付け加えておくと、現時点でApple PencilはiPad Proにしか対応しておらず、それ以外のデバイスでは利用できない。

作りとデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...