2021年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

Windowsの仮想デスクトップが使えなくなる「メモリ不足」とその解決方法RDPセッションがフリーズする原因と解決方法【前編】

RDPセッションがフリーズし、仮想デスクトップが利用できなくなる原因の一つに、ホストの「メモリ不足」がある。メモリが不足していないかどうかを確認する方法と、その解決方法を説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 Microsoftの主要なリモートアクセス技術が「Remote Desktop Protocol」(RDP:リモートデスクトッププロトコル)だ。RDPの注意点として、RDPのセッション(ユーザーごとの画面や設定にアクセスした状態)が構成時にフリーズする問題がある。これによりクライアントPCから仮想デスクトップなどリモートで稼働するデスクトップへの接続が確立できなくなる。この問題は「Windows 7」や「Windows Server 2008」などの古いバージョンだけでなく、「Windows 10」や「Windows Server 2019」などの新しいバージョンの「Windows」でも起こり得る。

 RDPセッションが構成時にフリーズする原因はさまざまだ。そのため素早く修正するための普遍的な方法は存在せず、IT管理者は問題解決のために試行錯誤しなければならない。本連載は問題の原因を特定する3つのステップを説明する。

ステップ1.メモリ不足かどうかを調べる

 フリーズ原因の一つは、仮想デスクトップを稼働させるサーバやPCといったホストのメモリ不足だ。この問題の修正に必要な具体的な手順は、ホストで動作するWindowsのバージョンによって異なる。以下で紹介する手順は、Windows 10が稼働するホストを想定している。他のバージョンのWindowsでもほぼ同一の方法が取れる。

  1. ホストにログインする。直接ログインするか、あるいはホストを再起動して、ログインできるようにする必要がある。
  2. 「Ctrl」「Alt」「Delete」キーを同時に押し、「Task Manager」(タスクマネージャー)を開く。
  3. 「Performance」(パフォーマンス)タブを選ぶ。
  4. 「Memory」(メモリ)オプションをクリックする。
  5. 利用可能なメモリ量を確認する。マシンメモリの少なくとも20%が利用可能になっていることが理想的だ(画面1)。

画面 画面1 利用可能なメモリが20%以上あるWindowsシステム(画面は英語版)《クリックで拡大》

仮想メモリを有効にする

 ホストのメモリが不十分なことが分かったら、追加のメモリを割り当てる必要がある。仮想メモリを有効にすることは、最良の選択になる場合がある。その方法を説明する(以下、丸かっこ内は日本語版の表記)。

  1. 「Settings」(設定)を開く。
  2. 「System」(システム)アイコンをクリックし、左カラムの「About」(詳細情報)をクリックする。
  3. 右カラムの「System info」(システムの詳細設定)リンクをクリックする。
  4. 「Advanced」(詳細設定)タグ内にある「Performance」(パフォーマンス)セクションの「Settings」(設定)ボタンをクリックする(画面2)。
  5. 「Advanced」(詳細設定)タブをクリックする。
  6. 「Virtual memory」(仮想メモリ)セクションの「Change」(変更)ボタンをクリックする。
  7. 「Automatically manage paging file size for all drives」(すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する)チェックボックスを選択する(画面3)。
  8. 「OK」をクリックする。

画面画面 画面2、3 Performance(パフォーマンス)セクションのSettings(設定)ボタンを押す(左)。Automatically manage paging file size for all drives(すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する)のチェックボックスを選択する(画面は英語版)《クリックで拡大》

 次回は、メモリ不足を解決してもRDPセッションが回復しないときに実施すべき次の2つのステップを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。