2021年08月11日 05時00分 公開
特集/連載

Mac管理ツール「Jamf」と「Fleetsmith」の料金の違いは? どちらを選ぶべきか「macOS」搭載デバイス管理の選択肢【後編】

Apple製デバイスの管理においては、管理ツールがどのような他ツールと連携可能なのか、利用料金は幾らなのか、といった観点も重要だ。こうした観点で「Jamf」と「Fleetsmith」を比較してみよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 中編「『Jamf』『Fleetsmith』の長所と短所を比較 Mac管理がしやすいのはどっち?」に続き、Apple製デバイス管理の主要ツール「Jamf」と「Fleetsmith」の違いを紹介する。本稿は特に他ツールとの連携や利用料金の違いに焦点を当てる。比較時に不確定要素になるポイントも併せて考えてみよう。

JamfとFleetsmithの「連携可能なツール」を比較

 Jamfは連携可能なサードパーティー製品が多彩だ。例えばJamfは、Microsoftのデバイス管理ツール「Microsoft Intune」と連携するためのプラグインを提供する。その他にもJamfは、Microsoftのディレクトリサービス「Active Directory」(AD)、電子証明書管理ツールの「Venafi」や「DigiCert」、ログ解析ツール「Splunk」、ADの証明書サービス「Active Directory Certificate Services」などとも連携可能だ。Jamfが用意するAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介して、Jamf Proとサードパーティー製ツールの間の連携も実現する。

 Fleetsmithの他ツールとの連携はより限定的だ。連携可能なツールに、Appleのプッシュ通知サービス「Apple Push Notification Service」、Googleのセキュリティツール「Santa」がある。

JamfとFleetsmithの「利用料金」を比較

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...