2019年12月23日 05時00分 公開
特集/連載

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第1回】いまさら聞けない「UEM」とは? 「MDM」や「EMM」との違いを比較

「UEM」製品とは何かを理解するには、「MDM」製品や「EMM」製品との違いを整理することが先決だ。その上で製品の成り立ちや必須機能に注目することが重要になる。

[田北幸治,アイ・ビー・シー]

この連載について

「統合エンドポイント管理」(UEM)製品という製品分野が一般的な存在になりつつあるが、UEM製品について正確に説明できる人はそう多くない。このシリーズは新人のIT担当者に向けて、UEM製品の定義から成り立ち、主要ベンダーとその特徴、選定方法などを複数回に分けて解説する。


 「統合エンドポイント管理」(UEM)製品とは何か。それを説明する前に、「エンドポイント」の定義を確認しよう。エンドポイントとは、企業または団体のネットワークに接続し、主にエンドユーザーが利用するデバイスの総称だ。具体的にはPCやタブレット、スマートフォンなどのデバイスを指す。従ってUEM製品とは、これらのエンドポイントを一元管理できる製品のことだ。

 エンドポイントを管理する製品として「モバイルデバイス管理」(MDM)製品や「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品などもある。それらとの違いを整理しながらUEM製品について解説する。

 日本の歴史を振り返ると、1980年代からPCが一般的に業務利用され始め、それらを管理する製品として「クライアント管理製品」(もしくは「IT資産管理製品」)が使われるようになった。当時はエンドポイントという言葉もなく、エンドユーザーが利用し、かつネットワークにつながるエンドポイントといえばPCしかない時代だった。

MDMからEMMへ

 2010年にAppleがタブレットの「iPad」を発売すると、これを業務利用しようとする動きが現れるようになった。さらに当時のiPadと同じAppleのモバイルOS「iOS」搭載のスマートフォン「iPhone」や、GoogleのモバイルOS「Android」搭載のスマートフォンなども同様に業務利用されるようになった。これらは、PCとは全く異なるアーキテクチャであり、かつ個人利用を想定したエンドポイントだった。主に組織利用のPCを想定した従来のクライアント管理製品は主にWindowsのみを対象としていたため、これらの管理が困難で、専用の管理製品が必要になった。そうして登場したのがMDM製品だ。

 MDM製品の管理対象となる範囲は、ハードウェア情報収集、ソフトウェア情報収集、ロック、ワイプ(データ消去やリセット)、利用制限、位置情報トラッキングなどだった。ここにアプリケーションの配布ができる「モバイルアプリケーション管理」(MAM)製品や、ファイルの配布ができる「モバイルコンテンツ管理」(MCM)製品が登場。MDM製品にMAM製品やMCM製品の機能を組み合わせたスイート製品が、EMM製品と呼ばれるようになった。

 EMM製品の導入は進んでいるものの、現状ではEMMという言葉は十分に普及しているとは言えない。EMM製品をいまだに「MDM製品」と呼んでいる人も少なくない。

UEMへと発展した「2つの流れ」

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。

news093.jpg

バレンタインデーにお菓子を手作りする理由 「愛の告白」はわずか0.5%――クックパッド調査
バレンタインデーに「愛の告白」は絶滅の危機にあるそうです。

news078.jpg

Instagramのマーケティング活用――主要機能のまとめと活用事例で学ぶ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...