2018年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

EMMのセキュリティを高める「モバイル脅威防御」(MTD) 主要製品や機能を紹介AI技術を取り入れた脅威対策

「モバイル脅威防御」(MTD)はモバイルデバイス管理で一歩先を行くための手法だ。今後導入が広がると予想されるMTD製品とEMM製品を連携させたセキュリティ対策について解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 モバイルセキュリティ戦略では、潜在的な脅威を幅広く考慮しなければならない。「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品だけでは対処しきれないものがほとんだ。IT管理者は、モバイル脅威防御(MTD)製品をEMM製品と組み合わせたモバイルデバイス管理を取り入れる必要がある。

 モバイルデバイスのセキュリティリスクが広がり続けることに合わせ、MTDの重要性はかつてなく高まっている。

 EMM製品はデバイス管理とポリシーの適用にその役割の重点を置いている一方、MTD製品はデバイスにおいてサイバー攻撃への対策を施す役割を持つ。MTD製品は機械学習アルゴリズムなどの人工知能(AI)技術を組み込んで、潜在的な脅威を正確に検知してそれに対処する。

 本稿では、MTD製品の基本的な機能の他、代表的な製品として「Check Point SandBlast Mobile」(SandBlast Mobile)、「Zimperium zIPS」「Symantec Endpoint Protection Mobile」(SEP Mobile)を紹介する。

MTD製品に備わる機能

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...