2020年05月11日 05時00分 公開
特集/連載

間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】

「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。

[田北幸治,アイ・ビー・シー]

 PCやタブレットなどのエンドポイントを一元管理する「統合エンドポイント管理」(UEM)製品の選定を進める前に、まずすべきことがある。UEM製品の管理対象となるエンドポイントの用途と、エンドポイントを管理する目的の整理だ。

 エンドポイントの業務用途は、以下のようなものが挙げられる。

  • メールの送受信
  • イントラネットへの接続
  • グループウェアの利用
  • 受発注など社内システムの利用
  • 「Microsoft Office」による文書作成
  • 社内外の相手へのプレゼンテーション

 業務のために利用するエンドポイントは、会社からの貸与の場合もあれば、私物の場合もある。どちらにしてもエンドポイントを管理する目的は次の通りだ。

  • エンドポイントで利用可能なアプリケーションを会社指定のものに限定したい(それ以外のアプリケーションを使わせたくない)
  • エンドポイントをセキュアに社内ネットワークに接続させたい
  • エンドポイントの用途を業務利用に限定したい(それ以外の目的に使わせたくない)
  • エンドポイントが紛失や盗難に遭ったときに、情報漏えいを防ぎたい

 これらの目的を踏まえ、UEM製品をどのように選定すればよいだろうか。

「UEM製品を入れない」が正解の場合も まずは管理方針を策定すべし

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...