2019年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

スマートフォンならではの危険性に備える モバイル脅威防御(MTD)ツールとは何かセキュリティ戦略の要に

IT部門は、モバイルユーザーを考慮してセキュリティ計画を作成する必要がある。不正なアプリケーションやデバイスの盗難がモバイルセキュリティの大きな問題だが、IT部門は適切な計画により、こうした脅威に対処できる。

[John Powers,TechTarget]

 管理するエンドポイントにモバイルデバイスが含まれる組織は、モバイル関連の問題への対応を想定して、セキュリティ計画全体を作成すべきだ。

 モバイルセキュリティ戦略は、一般的なエンドポイントセキュリティ計画とは異なる。モバイルデバイスは固有の脅威に直面するからだ。サイズが小さいため、モバイルデバイスはノートPCよりはるかに紛失しやすい。悪意あるモバイルアプリケーションが連絡先や電子メールなどの情報にアクセスできてしまう恐れがあるという問題もある。こうした脅威に加え、モバイルデバイスは大抵、出先で使われるため、リモートアクセス固有のセキュリティ脅威が降りかかることもある。その1つが、ユーザーが安全でないネットワークに接続することだ。

 こうしたモバイル固有のセキュリティ問題に対処するには、IT部門は、モバイルワーカーがリソースに安全にアクセスできるようにする戦略を策定する必要がある。優れたモバイルセキュリティ戦略には、ユーザー体験を損なわないツールと最適な手順が含まれる。

モバイル脅威防御(MTD)ツールの活用

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...