2018年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

未知の脅威にはAIが不可欠モバイルワーカーの安全は「AI」が守る? 最新モバイルセキュリティ動向

モバイル脅威の情勢は多様化し続けている。そのため、IT部門は常に先手を打とうと戦っている。その鍵となるかもしれないのはAI(人工知能)だ。

[Jack Gold,TechTarget]
画像 モバイルセキュリティはAIにお任せ?

 現状、企業システムでデータ侵害を検知してから修復を終えるまでの平均時間は3〜6カ月だという。データセキュリティの観点では、この期間は容認できない。その間、大半の企業は復元できなくなるほど多くの情報を失う恐れがあるためだ。

 今後のモバイルセキュリティシステムでは、クラウドベースのサービスとしてAI(人工知能)が提供され、ほとんどのセキュリティ侵害の検知、修復、防止を強化するだろう。AIであれば、特定の部署にインストールした1つのデバイスだけでなく、大量のデバイスを監視してそこから学ぶことができる。学んだことを対応可能な知見(インテリジェンス)に変え、個別のユーザーやデバイスのレベルでブロックして修復できる。こうした機能は、モバイルワーカーを保護するのに不可欠になるだろう。

モバイルセキュリティの最適解はAIなのか

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。