2018年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

未知の脅威にはAIが不可欠モバイルワーカーの安全は「AI」が守る? 最新モバイルセキュリティ動向

モバイル脅威の情勢は多様化し続けている。そのため、IT部門は常に先手を打とうと戦っている。その鍵となるかもしれないのはAI(人工知能)だ。

[Jack Gold,TechTarget]
画像 モバイルセキュリティはAIにお任せ?

 現状、企業システムでデータ侵害を検知してから修復を終えるまでの平均時間は3〜6カ月だという。データセキュリティの観点では、この期間は容認できない。その間、大半の企業は復元できなくなるほど多くの情報を失う恐れがあるためだ。

 今後のモバイルセキュリティシステムでは、クラウドベースのサービスとしてAI(人工知能)が提供され、ほとんどのセキュリティ侵害の検知、修復、防止を強化するだろう。AIであれば、特定の部署にインストールした1つのデバイスだけでなく、大量のデバイスを監視してそこから学ぶことができる。学んだことを対応可能な知見(インテリジェンス)に変え、個別のユーザーやデバイスのレベルでブロックして修復できる。こうした機能は、モバイルワーカーを保護するのに不可欠になるだろう。

モバイルセキュリティの最適解はAIなのか

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...