2020年12月17日 05時00分 公開
特集/連載

「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは? 機械学習の5大アルゴリズム特選プレミアムコンテンツガイド

機械学習には目的が異なる複数のアルゴリズムがある。主要なアルゴリズムである「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」の仕組みと用途を説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 目的や分析するデータの内容によって、選択すべき機械学習アルゴリズムは変わる。例えば製品管理に適したアルゴリズムと、売り上げ予測に適したアルゴリズムは同じとは限らない。アルゴリズムの真価を引き出すには、事前に目的を明確にすることと、各アルゴリズムの特徴を理解することが必要だ。

 本資料は、代表的な5つの機械学習アルゴリズム「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」のそれぞれの仕組みと、適する用途を説明する。最適なアルゴリズム選びの一助となれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...