「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは? 機械学習の5大アルゴリズム特選プレミアムコンテンツガイド

機械学習には目的が異なる複数のアルゴリズムがある。主要なアルゴリズムである「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」の仕組みと用途を説明する。

2020年12月17日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 目的や分析するデータの内容によって、選択すべき機械学習アルゴリズムは変わる。例えば製品管理に適したアルゴリズムと、売り上げ予測に適したアルゴリズムは同じとは限らない。アルゴリズムの真価を引き出すには、事前に目的を明確にすることと、各アルゴリズムの特徴を理解することが必要だ。

 本資料は、代表的な5つの機械学習アルゴリズム「線形回帰」「決定木」「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」のそれぞれの仕組みと、適する用途を説明する。最適なアルゴリズム選びの一助となれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...