無線LANか有線LANか? 仕事用自宅ネットの“正解”は特選プレミアムコンテンツガイド

ホームネットワークを業務利用する際に見直すべきポイントは、それほど難しいものではない。無線LANと有線LANの使い分けといった基本的な事項に加えて、セキュリティ対策として必要な点なども紹介する。

2020年12月03日 08時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 恒常的に在宅勤務を実施する動きが広がったことで浮き彫りになってきたのが、インターネットホームネットワーク(家庭内ネットワーク)の重要性だ。個人的な用途でインターネットを利用するのであれば、接続が少々不安定でも大目に見ることができる。だが業務用となれば、情報漏えい防止のためのセキュリティ対策はもちろんのこと、接続の安定性も無視できない。ホームネットワークの問題に対して、企業のIT部門ができることは多くない。そのため現実的には従業員が個別に対処することになる。

 接続の安定性やセキュリティ、データ伝送速度、使いやすさの観点で、ホームネットワークとして無線LANと有線LANのどちらが適切なのか。業務用として最低限のセキュリティ対策を講じるには、どのような点に着目してホームネットワークを構築すればいいのか。業務用として恒久的にホームネットワークを利用できるようにするために見直すべきポイントは多岐にわたるが、いずれも難しくはない。本資料で、主要なポイントを確認しよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。