2020年11月05日 05時00分 公開
特集/連載

偽動画「ディープフェイク」は本当に“悪”なのか?特選プレミアムコンテンツガイド

「ディープフェイク」による被害が現実のものとなる一方、ディープフェイクを生み出す技術そのものは、使い方に次第でメリットを生み出し得る。ディープフェイクの二面性と対策を探る。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 本物を装った合成コンテンツ「ディープフェイク」のニュースが世間をにぎわせている。ディープフェイクを用いた詐欺行為はこれまでに複数発生しており、もはやフィクションの世界の出来事ではない。身を守るためには、ディープフェイクに関する理解を深め、適切に対処することが重要だ。

 一方で偽動画や偽画像といったディープフェイク生成に用いられる主な技術は、悪質行為だけではなく生産的な活動にも役立つと専門家は指摘する。それはどういうことなのか。そもそもディープフェイクはどのような技術で作られているのか。ディープフェイクのリスクに対処するにはどうすればよいのか。本資料は、専門家の話を基にこうした疑問の答えを探る。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。