Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分特選プレミアムコンテンツガイド

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。

2020年10月29日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Googleの医学研究機関「Google Health」は2020年1月、ある論文を発表した。乳房専用のエックス線検査「マンモグラフィー」による乳がん検診時の画像診断に、人工知能(AI)技術を利用した場合の検出精度を評価した論文だ。このAI技術を用いた乳がんのスクリーニング(選別)検査の診断精度は、人の放射線科医よりも高かったという。

 この研究結果に好意的な見解を示す研究者がいる一方で、疑問を呈する研究者もいる。議論の対象は、必ずしも乳がん検診AIシステムの診断精度や機能ではない。ある研究者は「そもそもなぜこのようなシステムが作られたのか」を疑問視する。こうした議論の背景には何があるのか。本資料は、Google Healthの研究成果と、研究者や業界の反応を紹介。AI技術を用いた診断支援システムを実用化する上での現在の課題と将来展望を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。