Zoomなどの「Web会議」は何が危険か 身を守る方法は特選プレミアムコンテンツガイド

「Zoom」などWeb会議ツールは在宅勤務などのテレワークに欠かせない存在だ。だがWeb会議ツールの利用者が増えれば、それに乗じた攻撃も増え、危険性が高まる。Web会議ツールのリスクと対策を学ぼう。

2020年10月22日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、企業の間で在宅勤務などのテレワークが浸透した。従業員がオフィスにいない中でコミュニケーションを取る手段として活用が急速に広がったのが、Zoom Video Communicationsの「Zoom」をはじめとするWeb会議ツールだ。

 Web会議ツールの利用が広がれば、それに乗じてWeb会議ツールの脆弱(ぜいじゃく)性を突き、不正行為を働こうとする攻撃者が次々と現れても不思議ではない。安全にWeb会議ツールを利用するためには、そこにどのようなリスクがあり、どのような対策を講じるべきかを知っておく必要がある。本資料は、その手掛かりを提供する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。