Zoomなどの「Web会議」は何が危険か 身を守る方法は特選プレミアムコンテンツガイド

「Zoom」などWeb会議ツールは在宅勤務などのテレワークに欠かせない存在だ。だがWeb会議ツールの利用者が増えれば、それに乗じた攻撃も増え、危険性が高まる。Web会議ツールのリスクと対策を学ぼう。

2020年10月22日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、企業の間で在宅勤務などのテレワークが浸透した。従業員がオフィスにいない中でコミュニケーションを取る手段として活用が急速に広がったのが、Zoom Video Communicationsの「Zoom」をはじめとするWeb会議ツールだ。

 Web会議ツールの利用が広がれば、それに乗じてWeb会議ツールの脆弱(ぜいじゃく)性を突き、不正行為を働こうとする攻撃者が次々と現れても不思議ではない。安全にWeb会議ツールを利用するためには、そこにどのようなリスクがあり、どのような対策を講じるべきかを知っておく必要がある。本資料は、その手掛かりを提供する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...