2020年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

Netflixが「REST」から「GraphQL」に乗り換えた理由特選プレミアムコンテンツガイド

動画配信サービス「Netflix」は基盤テクノロジーとして、クエリ言語「GraphQL」を採用した。そのメリットや、過去に利用していた「REST」との違いを担当者が語る。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 動画配信サービス「Netflix」の運用開発を担うエンジニアリングチームは、新たなデータ統合システムを構築する際に、適切なデータ連携の仕組みを模索していた。そこで同チームが採用したのが、クエリ(データ操作)言語「GraphQL」だった。

 同チームは従来使用していた「REST」ではなく、なぜGraphQLに乗り換えることを決めたのか。GraphQLをどう活用し、どのような効果を得たのか。本資料は、採用理由や実際のシステムでデータ連携を実現するまでの道のり、利用して得られた効果について、担当者へのインタビューを基に紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...