Netflixが「REST」から「GraphQL」に乗り換えた理由特選プレミアムコンテンツガイド

動画配信サービス「Netflix」は基盤テクノロジーとして、クエリ言語「GraphQL」を採用した。そのメリットや、過去に利用していた「REST」との違いを担当者が語る。

2020年10月08日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 動画配信サービス「Netflix」の運用開発を担うエンジニアリングチームは、新たなデータ統合システムを構築する際に、適切なデータ連携の仕組みを模索していた。そこで同チームが採用したのが、クエリ(データ操作)言語「GraphQL」だった。

 同チームは従来使用していた「REST」ではなく、なぜGraphQLに乗り換えることを決めたのか。GraphQLをどう活用し、どのような効果を得たのか。本資料は、採用理由や実際のシステムでデータ連携を実現するまでの道のり、利用して得られた効果について、担当者へのインタビューを基に紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。