2020年09月24日 16時30分 公開
特集/連載

“危険な在宅勤務”を防ぐ「家庭内LAN」6つの注意点特選プレミアムコンテンツガイド

在宅勤務の普及により、家庭内LANは仕事を進める上での必需品となった。仕事で家庭内LANを安全に使うために役立つ6つのセキュリティ対策を紹介する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を受けた在宅勤務の導入に伴い、新たなセキュリティ対策の導入を迫られている企業は少なくない。従業員が出社する状態では、オフィスにある従業員のデバイスが社内LANを通じて業務システムにアクセスする状況を中心に考慮すればよい。在宅勤務では、従業員が各自の家庭内LANを通じて業務システムにアクセスする。そのため社内LANの監視を中心としたセキュリティ対策ではセキュリティを確保できない可能性がある。従業員の行動がIT部門の監視外に置かれることも懸念事項だ。

 従業員がそれぞれの家庭内LANを使って在宅勤務を実施する際には、どのような点に注意する必要があるのだろうか。本資料で、主要な注意点を確認しよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。