2020年10月15日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Azure、GCP以外の“ニッチクラウド”を選ぶ理由特選プレミアムコンテンツガイド

AWSとMicrosoft Azure、GCPだけがクラウドサービスではない。用途やニーズによっては、他ベンダーのクラウドサービスが最適な場合がある。こうした“ニッチクラウド”を選ぶメリットと注意点を説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 クラウドサービスを選ぶ際、候補に挙がりやすいのは「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」(GCP)という主要3サービスだ。ただし用途やニーズによっては、これらのクラウドサービスを提供するAWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社ではなく、それ以外のベンダーが提供するクラウドサービスが適していることがある。複数ベンダーのクラウドサービスの中から、それぞれの用途に最適なクラウドサービスを組み合わせて利用する「マルチクラウド」が主流となりつつある現在、こうした“ニッチ”なクラウドサービスの利用も一考に値する。

 本資料は、大手3社以外のベンダーが提供するクラウドサービスを選ぶメリットと注意点を整理し、こうしたクラウドサービスの例としてDigitalOceanとAlibaba Cloudが提供するサービスの特徴を説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...