Excel関数「LARGE」の数式をすっきり書く「ヘルパー列」の正体と使い方Excel関数「LARGE」を使いこなすヒント【第2回】

「Excel」の関数「LARGE」を使う際に「ヘルパー列」を組み合わせると、数式を単純化できることがある。そもそもヘルパー列とは何なのか。使用のこつは。

2023年01月24日 10時00分 公開
[Eric St-Jean, Bill JelenTechTarget]

 Microsoftの表計算ソフトウェア「Microsoft Excel」には、ある範囲内のデータの中から、指定した順位の大きさのデータを算出する関数「LARGE」がある。LARGEを使う際には「ヘルパー列」を追加すると、数式を単純化できる。

LARGEの「ヘルパー列」とは? 使用するには

 複雑な数式や難しい操作を簡略化するために用意する、補助的な列がヘルパー列だ。画面2-1の例では、ヘルパー列を使用して最大値を返している。

画面2-1 画面2-1 ヘルパー列の使用例(編集部がスクリーンショットを取得)《クリックで拡大》

 画面2-1の例では、まずセルE3からE5に、1、2、3の数字を入力してヘルパー列を作成する。セルのD3に、

=LARGE(B:B,E3)

と入力すると、B列の最大値を表示する。同じ結果は、最大値を求める関数「MAX」でも得ることは可能だ。LARGEの場合、D3の数式をD4、D5にコピーすると、それぞれB列で2番目に大きい値を算出する数式、3番目に大きい値を算出する数式を生成できる。

 ヘルパー列を使わない場合、数式を下のセルにコピーするにつれてLARGEの2番目の引数である「順位」が自動的に増加するようにするには、連続番号を振る関数「ROW」を最初の数式に使用して、

=LARGE(B:B,ROW(1:1))

と入力する。ROW(1:1)の値は1であり、LARGEは1番目に大きい値を返す。数式を下にコピーすると、ROWの引数が「2:2」に変わる。そうすることでLARGEは2番目に大きい値を返すことになる。3番目以降も同様だ。


 第3回は、LARGEがうまく機能しない「よくある失敗例」を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...