「Microsoft 365」を契約すれば「Teams」を使えるのか? プランによる違いは?Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【前編】

複数ある「Microsoft 365」のどのプランに「Microsoft Teams」の機能が含まれているのか。プランによって使えるTeamsの機能の違いとは。一見分かりにくいこれらの基礎事項を簡単に整理する。

2021年01月06日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 テレワークの広がりに伴い、従業員同士や顧客とのコミュニケーションに「Microsoft Teams」のような新しいツールを導入した企業は少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールのTeamsは、音声や映像によるコミュニケーション機能やファイル共有など、コラボレーションに役立つ機能を提供する。他にも「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」などのファイル表示、参加者最大1万人のWeb会議などが可能だ。PCやモバイルデバイス(「Android」や「iOS」デバイス)で利用できる電話機能もあり、従来型PBX(電話交換機)の代替として活躍する。

Microsoft 365にTeamsは含まれるのか プランごとの違いは

 サブスクリプション形式の製品・サービス群「Microsoft 365」にTeamsが含まれるのかどうか、Microsoft 365の各プランで利用できるTeamsの機能がどう違うのかは、やや分かりにくい。本稿はMicrosoft 365の主要プランに付属するTeamsの違いを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...