2020年05月31日 09時30分 公開
特集/連載

「Teams」のWeb会議で9人同時表示が可能に それでもZoomを脅かせない理由新型コロナウイルス対策で需要が急増

「Microsoft Teams」のWeb会議機能で、1画面に9人の映像を同時に表示できるようになった。この機能を待ちわびていたユーザー企業にとっては朗報だが、これで全てのユーザー企業のニーズを満たせるわけではない。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 Microsoftは2020年4月、Web会議/ビジネスチャットツール「Microsoft Teams」(以下、Teams)のWeb会議画面に表示できる映像を最大9人に増やすことを発表した(画面)。このアップデートは2020年5月19日(米国時間)までに適用が完了した模様だ。Teamsは今回のアップデートで、ユーザー企業から殺到した要望に応えた形だ。だが既に他の競合ツールに乗り換えた企業もある。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止のために在宅勤務が世界的に広がった2020年3月、Teamsの映像表示人数の上限を4人より多くしてほしいという要望が殺到した。Microsoftのユーザーフィードバック用Webサイトでは、この要望に賛同する投票は、2016年から2020年3月半ばまでは4000票以下だったが、2020年4月14日の時点では4万票を超えた。このフォーラムで最も要望の多い機能になった。

 Teamsの利用者は急増している。2020年3月の1週間で、1日当たりのアクティブユーザー数は1200万人増え、合計4400万人になった。競合サービスのZoomの利用者も爆発的に増えた。急激な人気上昇をきっかけにセキュリティ上の問題があることが判明したものの、2019年12月には1000万人だった1日当たりのアクティブユーザー数が2020年3月には2億人に達した。

画面 画面 TeamsのWeb会議画面で最大9人分の映像を同時に表示できるようになった。それでも不十分だと考えるユーザー企業は少なくない《クリックで拡大》

「9人同時表示」でZoomに勝てるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...