2019年07月30日 10時00分 公開
特集/連載

移行には従業員の理解が不可欠Slackから「Microsoft Teams」へ移行したくなる理由と、従業員を説得する方法

「Microsoft 365」を使っている組織は、「Slack」から「Microsoft Teams」へ移行すれば従業員のワークフローを効率化できる。ただし移行には慎重さが必要だ。

[Micah Levine,TechTarget]
画像

 コラボレーションツールを「Slack」から「Microsoft Teams」へ移行する動きが広がりつつある。ただし移行には、入念な計画が必要だ。

 「Microsoft 365」のユーザー企業の場合、全てのコラボレーションツールをMicrosoft製で統一すれば、IT部門にとって管理が容易になり、ツール間の密接な連携に基づく効率的なワークフローを実現できる。Microsoft 365は、OSやオフィススイート、管理ツールをパッケージ化してサブスクリプション形式で提供するツール群だ。

 調査会社Nemertes Researchのアナリスト、アーウィン・レーザー氏は「IT環境のシンプル化を図りたい組織は、Teamsのニーズが大きい」と解説する。既にMicrosoft 365を使っている企業であれば、Teamsを利用できる。「コラボレーションツールをTeamsに統一すればコストを削減し、管理性を高めることができる」(レーザー氏)

 Slackの魅力の一つは、多数のサードパーティーツールと連携できる点だ。従業員はファイル共有ツールや分析ツールとSlackを連携させることで、Slackを特定のワークフローに合わせてカスタマイズできる。Teamsでも同様のカスタマイズ機能を実行でき、なおかつMicrosoftツールでワークフローを完結させることができる。このことを従業員が理解していない場合がある。

 従業員はSlackを好む可能性がある。一方で企業は、全従業員を1カ所で管理できるユニファイドコミュニケーション(UC)を推進し始めている。

 データ移行・管理サービスベンダーAvePointの製品マーケティングマネジャー、ハンター・ウィリス氏によると、オフィススイート「Office 365」を含むMicrosoft 365のユーザー企業が、単一ベンダーのツールでできる限り効率的に全てのUCニーズを満たすことに目を向ける中で、Teamsへの移行に弾みがついている。

 企業はSlackからTeamsへ移行する場合、隠れた落とし穴である、データ移行作業と従業員の抵抗に備えなければならない。

ツールだけでなくデータの移行が重要

 Slackなどのチャットを中心としたコラボレーションツールは、リアルタイムのテキストによるコミュニケーションを促進させる。SlackからTeamsへ移行する際は、IT部門がツールだけでなく、データも移行させる手段を見つけ出さなければならない。Slackは従業員のチャットや、やりとりされたデータをエクスポートすることが可能だ。ただし、これらのデータをTeamsへ移行することは簡単ではない。授業員が以前のツールのデータにアクセスするためには、Teamsを離れる必要がある。

 他のツールにある情報をTeamsに読み込むためのサードパーティー製ツールは、幾つかある。AvePointは、チャットチャンネルやファイルをSlackからTeamsへ移す支援サービスを提供している。だたしウィリス氏によると、Slackで交わしたチャットテキストをTeamsに移行させることはできない。

 Message.ioの「Mio」は、SlackやTeams、Cisco Systemsの「Cisco Webex Teams」といった複数コラボレーションツールのチャットを同期する、サードパーティー連携ツールの役割を果たす。各コラボレーションツールのチャットチャネルをMioで同期でき、SlackとTeams間での会話を可能にする。

Teamsへの従業員の抵抗に対処する方法

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。