2018年06月19日 05時00分 公開
特集/連載

徹底比較:「Exchange Online」と「Exchange Server」 企業が選ぶべきなのはどちらか「常に最新機能が使える」はメリット? デメリット?

クラウドの隆盛は周知の事実といってもよい。企業は、オンプレミス基盤からクラウドへの移行が正しい選択かどうかを、どう判断すればよいのだろうか。

[Nathan O'Bryan,TechTarget]
画像 Exchangeはオンプレミス、オンラインどちらが良いか(出典:MicrosoftのWebページより)

 オンプレミス環境で「Microsoft Exchange Server」(以下、Exchange Server)を使っている多くの企業も、クラウドの魅力からは逃れられない。膨大な数の企業がクラウドサービスである「Microsoft Exchange Online」(以下、Exchange Online)とオンプレミス基盤であるExchange Serverを比較検討するだろう。クラウドに移行する理由はたくさんあり、オンプレミスにこだわる理由も同じようにたくさんある。

 クラウドの方が望ましいのかどうかを判断するには、詳細な分析が必要になる。私はほぼこの8年間、あらゆる規模の組織の「Office 365」(Microsoft OfficeのSaaS型クラウドサービス)への移行を手掛けてきた。その過程で、クラウドに移行する動機と、現状を維持する動機の両方が詳しく分かるようになった。

 本稿では、Exchange OnlineとExchange Serverを比べる議論を掘り下げ、両者の違いを調べて、特定の分野でどちらが優れているかを説明する。

Exchange Onlineの方が低コスト?

 多くの場合、Exchange Onlineの最大のセールスポイントはコストだ。Exchange OnlineとExchange Serverはさまざまな点で異なっているため、同一条件で比較するのは難しい。まず、幾つかの点に注目する必要がある。

 第1の考慮点は、Exchange Serverを稼働させるサーバをどれだけの期間、維持するかだ。サーバを3年ごとにアップグレードすると、そのコストはExchange Onlineの料金を上回るだろう。だが、サーバを10年間使い続けるとすれば、Exchange Onlineよりかなり安上がりになる。

 ただし、Exchange Serverには、関連するコスト要素が多い。ハードウェア購入、電力、データセンターのスペース、修理といった具合だ。

 これらの点を考え合わせると「Exchange OnlineとExchange Serverのどちらが経済的か」という問いの実際の答えは「クラウド型の方が、常にコストは安い」というMicrosoftの回答よりもはるかに複雑になる。

 当然のことながら、Microsoftとしては、できるだけ多くの企業がOffice 365のサブスクリプションを契約する方が、利益が大きくなる。

Exchange Onlineの方が信頼性は高い?

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...