2017年06月19日 05時00分 公開
特集/連載

IoTで職場環境をスマート化 小さな実験から始める5ステップ事務所や病院の環境を改善するIoT

従業員が求めていることを1日中自動で予測して、それに応える職場環境を想像してみてほしい。仕事の生産性と効率はどれほど上がるだろうか。

[Chris Matthieu,TechTarget]

 モノのインターネット(IoT)に関する話題の中心は、コンシューマーアプリケーションか産業用アプリケーションのどちらかであることが少なくない。前者の例には、ウェアラブルデバイス、自動運転車、ホームオートメーションなどがある。また、後者の例には、品質管理、またはサプライチェーンの効率や持続性を高める産業用アプリケーションなどがある。しかし、インテリジェンスとオートメーションの機会は、オフィスにも同じくらい豊富に存在している。職場の柔軟性と流動性が高まると、IoTテクノロジーによって、人々は企業全体の効率を高めてコストの節約を促進する貴重なデータを得ながら、利用可能なリソースを最大限に活用できるようになる。

 仕事の生産性を高めるために、IoTが自動化できることはある。具体的には、人とスペースの関わり、同じ部屋にある複数台のデバイスとスペースまたは人の関わり、Microsoftの「Microsoft Exchange Server」などのバックエンドサービスや「Skype for Business」などのテレビ会議システムとスペースの関わりを自動化することが可能だ。例えば、オフィスワーカーは、使用可能なデスクやプライバシーが確保されたブースから緊急のディスカッションに使う会議室に至るまで、各自のニーズに合ったスペースを簡単に見つけることができる。また、会議室では、照明、画面、テレビ会議システムの全てが起動され、最初の出席者が到着する前から準備万端に整った状態で用意され、すぐに会議を始められる。

 企業は、全てのスペースについて利用状況分析を活用できるため、部屋、備品、その他のリソースの使用頻度を把握でき、最適な設備投資と環境設定を導くことが可能になる。実際に利用者がいるかどうかによって、照明を暗くしたり、デバイスをスリープ状態にしたり、空調設備を調整したりできるため、無駄と運用コストが削減される。

 このような幅広い活用方法は、ほんの始まりにすぎない。他の例を見てみよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。