特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
2016年07月21日 15時00分 公開
特集/連載

専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ攻撃は容易。被害は深刻

モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。

[Ed Moyle,TechTarget]
孫 正義氏もこれからの主要技術とアピールするIoTだが、そのセキュリティ対策は困難であると同時に何かあったときにその影響は深刻だ

 「IoT(モノのインターネット)のセキュリティは難しい」と企業のセキュリティ担当者は口をそろえる。新しいテクノロジーはどれもそうだが、IoTの場合は、対象範囲の広さが状況を難しくする一因になっている。

 IoTの範囲は幅広く、実にさまざまなユースケースやシチュエーション、多様な機器が含まれる。IoTのセキュリティと一口に言っても、会議室のIP接続テレビから、製造現場のインテリジェントセンサー、オペレーションテクノロジー(公益事業の産業用制御システムなど)、ヘルスケア事業者の医療機器(デジタル画像処理システムやバイオメディカル機器など)に至るまで、あらゆる機器が対象になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...