2016年03月07日 15時00分 公開
特集/連載

データサイエンティストが太鼓判、「Apache Spark」がIoT分析に選ばれる理由さまざまなデータ管理ツールとの相性も抜群(1/2 ページ)

産業機器が生成する膨大な量のデータの意味を理解するには、IoTのビッグデータ分析が欠かせない。このタスクにはSparkが対応できるかもしれない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「Apach Spark」最新バージョン「Spark 1.6.0」は公式サイトからダウンロードできる《クリックで拡大》

 オープンソースのデータ処理フレームワーク「Apache Spark」は、「モノのインターネット(IoT)」で増加の一途をたどる膨大な量のデータを活用する企業において中心的な役割を果たすかもしれない。カリフォルニア州パロアルトで2016年2月に開催された「IoT Data Analytics & Visualization」カンファレンスの参加者は、そのように語っている。

IoTにうってつけのSpark

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...