2019年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

Salesforceによる買収がTableauユーザーに与える影響とは?オンプレミス版ユーザーの行方など

SalesforceがTableauを買収したことにより、Tableauユーザーがクラウドへの移行を迫られるのか、またTableauの進化のスピードが影響を受ける可能性があるのかは、まだ不明だ。

[Eric Avidon,ITmedia]
画像 2019年5月にリリースされた「Tableau 2019.2」(出典:Tableau Software)《クリックで拡大》

 SalesforceのTableau買収に関する疑問は、既存のTableauユーザーにとってこの買収が何を意味するかであり、これはいまだに明確になっていない。

 2019年6月10日に明らかになった157億ドルの買収は、両社の当事者にとってプラスのようだ。投資家はこれを好感し、Tableauの株価はこの日に急上昇、Salesforceは週の初めにわずかな上昇を示した。

 BIソフトウェアベンダーであるTableauはもともと独立系だったが、Salesforce傘下となることによって安定性が高まった。一方、CRM(顧客関係管理)サービスの大手ベンダーであるSalesforceは、Tableauを獲得したことによって競合他社に対する地位を強化した。この買収は、GoogleによるBIソフトウェアベンダーLooker買収の合意からわずか数日後に実行された。

 既存のTableauユーザーにとって両社の組み合わせが最終的に何を意味するのかは、依然として推測の域を出ない。「それは難しい質問だ」と、Athena IT Solutions創設者兼マネジングパートナーのリック・シャーマン氏は言う。同社はBIに関するコンサルティングを手掛ける。Salesforceはこの件に関してまだコメントしていない。

 SAPは過去に買収でBusinessObjectsを取り込んだ。これは「SAPにとってはすばらしいことだったが、BusinessObjectsにとっては良くないことだった」とシャーマン氏は語る。「Tableauについても買収の効果を見極める必要がある。Tableauが独立性を維持できることを願っている」と同氏は続ける。

 これまでのSalesforceによる買収では、買われた側の製品はどんどんSalesforceに取り込まれてきている。だが「Tableauの顧客の多くはSalesforceとTableauの両方のソフトウェアを別々に使用している」とシャーマン氏は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...