2019年03月04日 05時00分 公開
特集/連載

音声操作も視野にSalesforce.comとAppleのパートナーシップの強化でCRMはどう変わる?

新しいSalesforceのモバイルSDKを利用すれば、開発者はAppleのプログラミング言語「Swift」を使って、iOSデバイス向けのネイティブSalesforceアプリを簡単に作成できる。

[Albert McKeon,TechTarget]

 Salesforce.comは、同社のCRM(顧客関係管理)機能を展開する新しい方法を企業に提供する取り組みの一環として、ソフトウェア開発においてAppleのiOSアプリエコシステムとのつながりを深めている。

 Salesforceは最近、iOS向けソフトウェア開発キット「Salesforce Mobile iOS Software Development Kit(SDK)」をアップデートし、iOSとの連携を強化した。開発者はこのSDKを使って「iOS 12」と「Swift」に最適化されたネイティブSalesforceアプリを作成できるようになった。iOS 12は「iPhone」と「iPad」向けのAppleの最新OSで、SwiftはAppleのプログラミング言語だ。

 SalesforceはSDKのアップデートを2019年1月に発表した。同社の年次カンファレンス「Dreamforce 2018」でAppleとの大規模なパートナーシップを発表してから3カ月強のタイミングだった。SalesforceとiOSの連携は、両社がお互いのポートフォリオを広げるために打ち出そうとしている幾つかの施策の1つだ。Appleはエンタープライズ技術への足掛かりを固めようとしており、Salesforceは同社のCRM機能をよりアクセスしやすくしようとしている。

 CRMと顧客体験を専門とするアナリストのブレント・リアリー氏は、「AppleがCRMの業界リーダー企業と組むのは賢明な動きだ。Salesforceが新しい製品や概念の伝道に熱心であることを考えればなおさらだ。この提携は、Salesforceにとっても勝利だ。CRMとモバイルを連携させるのは理にかなっているし、Appleとのパートナーシップがそのために役立つのは明らかだ」と語る。

モバイルへの注力

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...