2018年10月11日 05時00分 公開
特集/連載

Salesforceが音声アシスタント「Einstein Voice」発表、CRMはどう変わる?AWS、IBMとの連携も強化

Salesforceは、同社の年次カンファレンスでApple、AWS、IBMとのパートナーシップの締結や拡大に加え、今後リリースする統合ツール「Customer 360」、音声プラットフォームサービス「Einstein Voice」などを発表した。

[Jesse Scardina,TechTarget]
photo

 Salesforce.comは2018年9月に開催した同社の年次カンファレンス「Dreamforce 2018」で、データ共有を強化し、統合を容易にするプラットフォーム製品や、Apple、Amazon Web Services(AWS)との大々的なパートナーシップなどを発表した。カンファレンスに参加したユーザーの間で最も話題を呼んだのは、「Salesforce Einstein Voice Assistant」がリリースされるというニュースだった。

Einstein Voiceによる音声アシスタントと顧客対応bot

 今回発表されたSalesforceの新製品の中で、アナリストと参加者の両方を最も沸かせたのは、SalesforceのAI技術「Salesforce Einstein Voice」だ。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...